ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 世界最小クラスの一体型LTE無線基地局をMWC2010にて公開

世界最小クラスの一体型LTE無線基地局をMobile World Congress 2010にて公開

2010年2月10日
日本電気株式会社

NECは、本年2月15日から18日までスペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congress 2010(MWC2010)(注1)において、3GPP(注2)に準拠した、世界最小クラスの一体型LTE無線基地局をNECブースにて展示します。

本製品は、トライアルから小規模の商用サービスまで、LTEの導入を検討している通信事業者のスモールスタートに適した小容量タイプの基地局です。制御機能を有するREC(Radio Equipment Controller)と送信アンプ機能を有するRE(Radio Equipment)を一体化することにより、世界最小クラスの「幅420mm/高さ230mm/奥行き130mm」のコンパクトサイズを実現しました。重量も約12キロと、作業員一人が運べる軽さとなっています。また、ファンレス構造の採用や世界最高レベルのアンプ(増幅器)効率を実現する送信アンプを搭載するなど、従来比75%減の低消費電力化(注3)を実現しています。
さらに、SON(Self Organizing Network)に対応することにより、基地局を効率的に構築・運用することが可能となります。

NECは、当製品をLTE無線基地局のラインナップに追加し、大容量タイプからコンパクトな一体型の小容量タイプまで取り揃え、顧客のニーズに応えてまいります。

NECは、LTE製品の強化を行い、次世代通信システムによるモバイルネットワークの構築に貢献してまいります。

以上

(注1)

2010/2/15-18 スペイン・バルセロナで開催される世界100カ国以上の移動体通信事業者および関連企業が一堂に会する、世界最大のモバイル関連展示会のひとつ。GSM Association 主催。NECブース番号(8A125)。また、カンファレンスにもNECグループから2名の登壇を予定。

(注2)

IMT-2000 W-CDMAの詳細な仕様を作成するパートナーシッププロジェクト。各国地域の標準化組織が、3GPPで作成された仕様を各国・地域共通の標準規格。世界の主要な移動通信関係会社を含む多くの会社や団体が加盟。

(注3)

ノーマルオペレーション(3セクタ、1RECに対して3RE)の場合消費電力はNECの従来のW-CDMA製品の消費電力と比べると最大75%の削減となる。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.