ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「ITファシリティソリューションサービス」の強化

省電力ITプラットフォームを実現する
「ITファシリティソリューションサービス」の強化について ~データセンター環境アセスメントサービス販売開始~

2010年3月23日
日本電気株式会社

NECは、IT機器の空調設備や電源設備などファシリティ(付帯設備)の効率化により、データセンターやマシンルームの省電力を実現する「ITファシリティソリューションサービス」において、既存のデータセンターに対する環境改善提案を実施する「データセンター環境アセスメントサービス」を販売開始します。また、既に発売済みのお客様データセンター環境を可視化する「モニタリングサービス」を実現するためのソリューションとして、マルチベンダの機器をサポートすることで、より幅広いお客様のニーズに対応できる「ファシリティモニタリングシステム」を新たに販売開始いたします。

データセンター環境アセスメントサービスは、(1)専門のアセスメント要員がお客様の既存データセンターを現地調査し、改善提案を実施する「現地アセスメントサービス」、(2)センサや計測器を貸し出し、データセンターの課題を可視化・診断・改善提案を実施する「モニタリングパック」で構成されます。
「ファシリティモニタリングシステム」は、データセンター環境をお客様の目的にあわせて常時可視化します。本システムは、モニタリングパックによって可視化されたデータセンターの課題を改善し、その効果についても可視化が可能となります。さらにITプラットフォームの増設、統廃合にあわせた最適な運用、データセンターレイアウト設計の効率化を実現し、中長期的なデータセンター環境の改善をご支援します。

今回の発表は、平成20年7月10日に発表した省電力ITプラットフォームを実現する「ITファシリティソリューションサービス」の強化として提供するもので、お客様の目的にあわせて適切な設備投資と効果をアセスメントすることで、多様なニーズに的確にお答えすることが可能となります。

今回、新たに追加したサービス概要は下記の通りです。

  1. データセンター環境アセスメントサービス
    (1) 現地アセスメントサービス
    専門のアセスメント要員をお客様の現地データセンターに派遣し、実際の環境をみながら簡易改善提案を実施。1フロア7万円(税別)からの実施で、ラックレイアウト改善や冷気の乱れの有無などを視察し改善提案を行う。
    (2) モニタリングパック
    電力センサと計測機器一式を短期間で貸し出し、IT機器および空調など付帯設備の全体電力消費量を測定し、データセンターのPUE値(注1)を算出、最適な改善提案を行う。また、温度センサ(オプション)を取り付けることにより、データセンターの熱だまりの発見や冷却効率の測定、および冷却コスト削減の改善提案を行う。
    モニタリングパックの販売価格は、電力測定のみで10万円(税別、注2)から、温度測定(オプション)は、プラス2万円(税別、注3)からになります。センサの貸し出し期間を1週間という短期間にしたことにより、お求め易い価格を実現。

  2. ファシリティモニタリングシステム
    IT機器全体(年間、1ヶ月)、ラック単位、サーバ単位などお客様の要望にあわせた可視化を実現する。また従来の電力量推移表示に加えて、CO2排出量、電力コストなども参照可能な電力モニターを安価に提供し、マルチベンダセンサに対応したモニタリングを実現することで、既存のセンサ情報と新規センサ情報の統合が可能。
    ファシリティモニタリングシステムの販売価格は、ICTラック25本程度の規模で、ICT機器単位で電力計測実施の場合、1ラックあたり120万円(注4)からを予定。ICT機器全体やラック単位の計測ではなく、個々のICT機器単位で計測することでより具体的な環境改善対策の実施が可能。

平成22年度から事業者単位で規制が施行される改正省エネ法では、エネルギー使用量の実績把握と届け出、さらに省エネ改善検討と実行と報告書が義務付けられるなど、法規制が進む中、多くの企業は正確な数値化と省エネ対策が必要不可欠になっています。

新サービスは、NECが推進している《データセンターまるごとエコ》(注5)の一環です。NECは、今後もデータセンターやオフィスの省エネに関する製品やソリューションを継続強化し、お客様のエネルギーコスト削減を支援してまいります。

以上

(注1) PUE値

データセンターやサーバールームなどのエネルギー効率を示す指標の1つ。一定期間の設備全体の電力消費量の平均÷一定期間のIT機器電力消費量の平均で算出される。

(注2)

費用には、貸し出し機器一式(電流センサ、電力量計、計測器、ケーブル類)、事前調査費用、機器取り付け、取り外し費用、データ分析)、モニタリング報告書、改善提案書を含む。ただし、お客様の環境によっては計測できないケースもあるため、必ず事前現地調査をさせていただき、測定可否の判断を実施します。

(注3)

費用には、貸し出し機器一式(温度センサ(3~6箇所)、ケーブル、計測器)を含む。温度モニタリングだけの利用は不可。

(注4)

計測対象がIT機器全体(分電盤)、ラック単位の場合は別途。金額には工事費用、SI構築費用は除く。

(注5)《データセンターまるごとエコ》

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ITプラットフォーム販売推進本部
REAL IT COOL推進センター
電話:03-3798-6998

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.