ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 防衛分野向け通信機器事業を担当する関係会社4社の合併

防衛分野向け通信機器事業を担当する関係会社4社の合併について

2010年4月1日
日本電気株式会社

NECは、防衛分野向け通信機器等の製造、販売および保守業務を担当する関係会社である株式会社ネットコムセック(以下、ネットコムセック)、NECマイクロ波管株式会社、東洋無線システム株式会社および東通電子株式会社の4社を本日付で統合いたしました。

このたびの合併では、ネットコムセックを存続会社とし、他3社を消滅会社としております。合併後のネットコムセックは、資本金1億円(NEC100%出資)、売上136億円(2010年度計画)、従業員約600名(2010年4月1日設立時)の事業規模を持つ会社となります。

NECは、組織のスリム化と全社プロセス革新の強化、売上拡大に向けた営業力の強化、新たなサービス・製品提供の実現を目的に、One NEC体制を推進しております。今回の組織再編はその方針に従い、組織のスリム化を図ると同時に、製品ラインナップの充実、開発・生産リソースの有効活用、間接部門コストの削減、マネジメント力の強化等を進め、競争力の向上を目指したものです。

各社の概要については、別紙をご参照ください。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.