ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > クラウド基盤への対応強化を行った「スケーラブルHAサーバ」の新製品を発売

クラウド基盤への対応を強化した「スケーラブルHAサーバ」の新製品を発売 ~第1号ユーザとして東北大学サイバーサイエンスセンターに納入~

2010年4月9日
日本電気株式会社

「Express5800/A1080a」

「Express5800/A1080a」

新製品に関する情報

Express5800サーバ・ワークステーション情報サイト「ExpressPortal」
新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/exp/

NECは、このたび、最新の8コアプロセッサ「インテル(R) Xeon(R) プロセッサ 7500番台(注1)」を搭載したスケーラブルHAサーバ「Express5800/A1080a」を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。

新製品は、8コアの高性能CPUを最大8個(64コア)搭載可能であり、従来比約2倍(注2)の処理速度と高い拡張性を実現しています。また、システムの仮想化においてボトルネックとなるメモリ容量を従来比8倍の2TB(テラバイト、注3)まで拡大しました。さらに可用性を強化するサポートサービスも拡充しました。こうした特長を活かし、新製品は、企業の基幹システムだけでなく科学技術計算向けにも利用可能です。

このたび、先行ユーザとして、東北大学サイバーサイエンスセンター(所在地:宮城県仙台市、センター長:小林 広明)の大規模科学計算システムに、HPCクラウドのサービス基盤として納入いたしました。

今回発表した新製品の特長は下記の通りです。

  1. 高性能
    • インテル社の最新の8コアプロセッサ「インテル(R) Xeon(R) プロセッサ 7500番台」を搭載。メインフレームやハイエンドサーバ開発で培った部品の高密度実装により、7Uの筐体に最大8CPU(64コア)まで拡張可能であり、従来比約2倍(注2)の高い処理性能を実現する。
    • トランザクション性能を測定する業界標準ベンチマークテスト「TPC-E(注4)ベンチマーク」において世界最高記録(注2)を達成(2010年4月8日現在)。

  2. 高拡張性、柔軟性
    • 7Uの筐体内で4CPUサーバ1台、クラスタ構成の4CPUサーバ2台、8CPUサーバ1台など、システム規模や用途に応じた柔軟なシステム構成が可能。(別紙参照)
    • 従来比8倍となる最大2TBまでメモリ搭載が可能。仮想化でボトルネックとなるメモリ容量の制約を解消し、1台の物理サーバに多数の仮想サーバの構築が可能。

  3. 可用性を強化するサポートサービス
    • システム障害発生時に、ハードウェアとソフトウェアの区別なくワンストップでサポートを提供する「プラットフォームサポート(注5)」に対応。
    • 高可用性Linuxプラットフォームを実現する「Enterprise Linux with Dependable Support(注6)」を新たに提供開始。本製品は、スケーラブルHAサーバ向けに障害解析度を高めた専用ソフトウェアと、可用性・運用性を向上するミドルウェア製品群「MC SCOPE」から構成された高可用性を実現する新サービス。価格は40万円(税抜)からであり、本年6月より出荷を開始する。

新製品の希望小売価格及び出荷時期は次の通りです。

製品名 価格(税抜) 出荷時期 備考(最小構成)
Express5800/A1080a-S 1,621,000円~ 2010年5月10日 XeonプロセッサE7520×1
メモリ4GB146GB HDD×2
Express5800/A1080a-D 2,569,000円~ 2010年5月10日 XeonプロセッサE7520×1
メモリ4GB
146GB HDD×4
※上記構成を1筐体に2台搭載
Express5800/A1080a-E 6,559,000円~ 2010年6月24日 XeonプロセッサE7540×8
メモリ8GB
146GB HDD×2

NECは、今後もクラウド・コンピューティングを支える次世代ITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM G2」に基づいて、「柔軟」、「安心」、「快適」な次世代IT基盤の実現を目指して「Express5800シリーズ」を継続強化してまいります。

新製品の主な仕様については別紙をご参照下さい。

(注1)

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標。

(注2)

当社製現行スケーラブルHAサーバ「Express5800/A1160」とのTPC-E性能ベンチマークテストの比較結果。
記述は、2010年3月30日(米国時間)現在、http://www.tpc.orgに登録された結果に基づく。詳細は、http://www.tpc.org/tpce/results/tpce_results.aspを参照。
NEC Express 5800/A1080a-E, 3,141.76 tpsE, $ 768.92 USD per tpsE;
Availability Date: Jun 24, 2010 in the North American market
NEC Express5800/A1160, 1,568.22 tpsE, $ 1,180.01 USD per tpsE;
Availability Date: Mar 18, 2009 in the North American market
使用された製品は何れも北米市場向けモデル。
このたびの性能記録値および測定システム環境は以下の通り。

記録値

TPC-E Throughput: 3,141.76
Price/Performance: $ 768.92 USD per tpsE
Availability Date: Jun 24 '10

測定システム

System NEC Express5800/A1080a-E
CPU Type: Intel(R) Xeon(R) Processor X7560(2.26GHz/24MB L3 cache)
Total # of Processors: 8
Total # of Cores: 64
Total # of Threads: 128
Memory Size: 1024GB
Operating System: Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2
Datacenter x64 Edition
Disk Subsystem NEC Storage D3-10
Database Manager: Microsoft(R) SQL Server(R) 2008 R2
Datacenter Edition
Initial Database Size: 13,391GB
Storage 147GB(15000rpm) 1872台
300GB(15000rpm) 20台
Redundancy Level : 1
RAID50 : Log / RAID10 : Data

(注3)

16GB DIMMを搭載した場合。16GB DIMMは、2010年度下期以降製品化予定。

(注4)

Transaction Processing Performance Councilによるコンピュータシステムのトランザクション処理を測定するベンチマーク規格。企業内のトランザクション処理システムをモデルとし性能を評価する。証券会社の株取引を模した処理内容。結果は、1秒に処理できるトランザクション数tpsEで表す。TPC Benchmark、TPC-E、およびtpsEはTransaction Processing Performance Councilの商標。

(注5)

プラットフォームサポート:HWの障害復旧とOS等の問い合わせ対応や修正モジュール提供に加えドライバの再設定、OS搭載ディスクの復旧支援までワンストップで対応するサポートサービス
URL:http://www.nec.co.jp/service/support/pfsupport/

(注6)

Enterprise Linux with Dependable Supportの利用にはプラットフォームサポートの締結が必要となります。

*

その他記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

新製品に関する情報

Express5800サーバ・ワークステーション情報サイト「ExpressPortal」
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/exp/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ファーストコンタクトセンター
電話 03-3455-5800

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.