ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECとアビームコンサルティングが、帝人の全社会計システム刷新を支援

NECとアビームコンサルティングが、帝人の全社会計システム刷新を支援
グローバル経営管理に向け、グループ各社の計数情報を一元化

2010年5月24日
日本電気株式会社
アビームコンサルティング株式会社

日本電気株式会社(注1、以下 NEC) ならびにアビームコンサルティング株式会社(注2、以下 アビームコンサルティング)は、帝人株式会社(注3、以下 帝人)の全社会計システムを刷新する「プロジェクト G-ONE」に共同で参画し、新システム基盤構築の支援を行いました。新システムは基幹業務ソフトウェア「SAP(R) ERP」を採用し、約6,000人のユーザーを対象とする帝人グループ34社の会計システムの一元化を図り、計数情報の最適活用・内部統制の強化・経営意思決定の迅速化を実現します。

本システムは、2009年12月より予算系の稼動を開始、2010年4月には実績系の稼動をグループ34社で開始しました。今後、帝人グループのグローバル拠点への展開も計画されています。

背景

「グローバルエクセレンスの獲得」をめざす帝人は、ブランドステートメント“Human Chemistry, Human Solutions”のもと多岐にわたる事業を展開しています。グローバル市場での競争優位性の確立・維持のために、M&A、ガバナンス、事業ポートフォリオ変革、会計制度変更などの時代からの要請に対応する、グローバルグループ基盤システムの構築を進めています。本プロジェクトは、合成繊維、化成品、医薬医療など、業種・規模が異なる帝人グループ各社を対象とし、財務会計、管理会計、税制、ガバナンスなど広範囲のスコープに対して、多言語・多通貨で対応するERPシステムを同時に導入するという大規模なものでした。

プロジェクト・メンバーの役割

本プロジェクトでは、帝人のグループ会社であるインフォコム株式会社(注4、以下 インフォコム)がデータウェアハウス、NECがプロジェクト全体統括とインフラ全般、アビームコンサルティングがプロジェクト全体推進および基幹業務ソフトウェア「SAP(R)ERP」、「SAP(R) BusinessObjects(TM) Planning and Consolidation」などの導入を主に担当しました。また、本プロジェクトは、アビームコンサルティング独自のプロジェクト方法論である「ABeam Method」に準じて、プロジェクト全体計画から要件定義、設計・開発、テスト/移行、稼動後支援までのプロジェクト全工程を推進しました。ピーク時は約200名が参加する大規模プロジェクトでしたが、帝人・インフォコム・NEC・アビームコンサルティングが協業フレームワークを確立し、一体となってプロジェクトを遂行したことにより、2008年10月の要件定義開始からわずか15ヶ月という短い期間でシステムを稼動できました。また帝人グループ内で同時進行していた他のSAP導入プロジェクトと連携を図り、同時稼動を実現しました。これらが評価され、本プロジェクトは『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2010』の「プロジェクト・アワード」(注5)を受賞しています。

帝人が導入したシステムの特長は、以下のとおりです。

1.先端ソリューション活用によるシステム機能の改善を実現

「SAP(R) BusinessObjects(TM) Planning and Consolidation」など先端ソリューションの活用により予算編成業務の効率化を行うほか、「SAP(R) BusinessObjects(TM) Access Control」の活用による内部統制の強化、「SAP(R) NetWeaver Master Data Management」の活用によるグローバル・マスターデータの統合管理を実現。また、データウェアハウスに関しては「SAP BUSINESSOBJECTS BI SOLUTIONS」の活用により、コンテンツの拡充およびビジュアル化を実現。

2.SAP標準機能を最大限活用したソリューションを適用

各社業務の標準化を推進し、SAP標準機能を徹底活用したソリューションを適用。異なる事業の予算編成や原価計算を単一システムで実行する他、内部統制機能を充足するための厳格な伝票承認管理、事業別損益・製品別損益など様々な分析軸での損益管理を実現。

3.ユーザーフレンドリーなシステム構築

「SAP(R) BusinessObjects(TM) Planning and Consolidation 」の活用によるExcelベースの予算入力システム、および、Webベースのワークフロー製品の活用などユーザーフレンドリーなシステムを構築。

4.システムの可用性を重視したインフラ基盤の構築

各社をまたがる基幹システムの基盤として安定性と可用性を重視したインフラ環境を構築。豊富な導入実績があるNEC製ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE」を採用し、冗長性を抑えながら、システムの安定性を確保。同時に運用・保守においても実績と効率を考慮した設計を行い、早期にお客様への確実な運用引継ぎを実現。

NECとアビームコンサルティングは引き続き、このたびの実績と両社の強みを生かして、国内外を含めたシステムの活用範囲の拡大も視野に入れながら、帝人グループの企業価値向上に貢献するソリューションの提供を推進して参ります。

以上

(注1)

代表取締役執行役員社長 遠藤 信博  本社:東京都港区

(注2)

代表取締役社長 岩澤 俊典  本社:東京都千代田区

(注3)

代表取締役社長 大八木 成男 大阪本社:大阪市中央区、東京本社:東京都千代田区

(注4)

代表取締役社長 吉野 隆  本社:東京都渋谷区

(注5) *

本文に記載されている会社名・商品名は一般に各社の商標、登録商標です。

*

記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からのお問い合わせ

NEC
プロセス業ソリューション事業部 第二ソリューション部
電話:(03) 3456-4212
Eメール: processsol@info.jp.nec.com

アビームコンサルティング株式会社
マーケティング部 
電話:03-3501-8355 FAX:03-5548-7237
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.abeam.com/jp/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.