ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還

小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還

2010年6月14日
日本電気株式会社

はやぶさに関する情報

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/

本年6月13日深夜、小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されていたサンプル回収カプセルが、オーストラリア・ウーメラ立入制限区域に無事着陸し、はやぶさは7年ぶりに地球に帰還しました。

はやぶさは、小惑星ITOKAWA(イトカワ)から地表のかけらを採取し、回収カプセルで地球に持ち帰るという、世界初のミッションを目指した探査機です。

NECは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の指導のもと、衛星システムの開発、製造、試験、運用に携わったほか、イオンエンジンやサンプル採取装置など、主要な搭載装置の開発も担当しました。本プロジェクトにメーカの立場から貢献することができたことを、大変喜ばしく思います。

はやぶさに関するNECの貢献については、以下のURLをご確認ください。
http://www.nec.co.jp/solution/space/hayabusa/

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

はやぶさに関する情報

はやぶさ、7年間の旅
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.