ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ」の新製品を発売

小型化・低価格化によりディスクバックアップの用途を拡大する
バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ」の新製品を発売 ~筐体サイズを従来比4分の1、価格を3分の1に低減~

2010年6月16日
日本電気株式会社

「iStorage HS3-20T」

「iStorage HS3-20T」

iStorageシリーズ製品情報発信ホームページ

新しいウィンドウを開きます。http://www.istorage.jp

NECは、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」において、筐体サイズを従来比約4分の1、価格を約3分の1に抑えた(注1)エントリーモデル「iStorage HS3-20T」を製品化し、本日より国内外で販売活動を開始します。

iStorage HSシリーズは、記憶媒体としてハードディスクを利用し、NEC独自の分散冗長配置技術(注2)により、高度な耐障害性を実現したディスクバックアップ装置です。

ディスクバックアップ装置は、広く普及しているテープバックアップ装置に比べて、記憶媒体の交換や管理が不要、高速なバックアップやリストア(データ復元)が可能といった優位性を持っています。一方で、システム構成が大きくなることや、初期導入コストが高いことなどから、大規模バックアップシステムへの採用が中心となっており、小型化・低価格化が求められていました。
新製品「iStorage HS3-20T」では、シリーズの特長である高度な耐障害性を保ちながら、筐体サイズを従来比約4分の1、価格を従来比約3分の1に低減しており、小規模バックアップシステムにも適しています。これまでコスト面でディスクバックアップ装置の導入が難しかったお客様も、初期導入コストを抑えてスモールスタートすることが可能です。

新製品「iStorage HS3-20T」の主な特長は以下の通りです。

  1. 筐体サイズを従来比約4分の1、価格を従来比約3分の1に低減
    これまで3台の装置で構成されていた機能を1台の装置に集約することで、筐体サイズを約4分の1に低減。小型かつ省スペースのため導入作業が容易であり、お客様自身による構築・導入も可能。あわせて、消費電力も約3分の1に削減。
    また、搭載するハードディスク容量を抑えたことなどにより、価格を従来比約3分の1以下の298万円(最小構成時、税別)に低減。

  2. 高度な耐障害性など、シリーズの特長を継承
    ハードディスクが同時に3台故障してもデータの復元が可能なNEC独自技術により、高度な耐障害性を実現。また、重複排除技術(注3)による高効率のデータ圧縮や、不正な改ざんや誤操作からデータを保護するWORM(注4)機能も利用可能。
    テープバックアップと異なり、記憶媒体の交換・管理が不要なため、管理コストの削減が可能。また、ディスクバックアップならではの高速バックアップや高速リストア、さらにはネットワークを介したバックアップデータの遠隔地コピーなどにも対応。

新製品の希望小売価格ならびに出荷時期は、次の通りです。

製品名 希望小売価格(税別) 出荷開始時期
シングルノードモデル「iStorage HS3-20T 2.4TBモデル」 298万円~ 7月26日

NECは今後、中堅・中小企業のお客様を中心に新製品を広く拡販していくほか、サーバ仮想化やシンクライアントの導入など、データバックアップの必要性が高まる商談に対しても新製品をソリューション提案し、今後3年間に、iStorage HSシリーズ全体で、国内1000台、ワールドワイドで5000台の販売を目指します。

なおNECでは、新製品を購入したお客様を対象に、バックアップデータのコピーを
NECのデータセンターで預かり、安価に遠隔バックアップを実現する「遠隔地バックアップサービス」の提供を計画しています。まずは、メインフレーム(ACOS-4)ユーザのバックアップデータを対象にサービスを開始し、WindowsやLinuxを搭載したオープン系サーバにも順次拡大していく予定です。

NECは、今後も次世代ITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM Generation2」に基づき、「iStorage HSシリーズ」を強化/拡充してまいります。

新製品の詳細はPDF別紙をご覧下さい。

以上

(注1)

従来機は「iStorage HS8-20S 3.5TBモデル」。比較は当社測定値。

(注2)

バックアップデータを複数に分割し、データに特殊な冗長用コードを付加して複数のストレージノードに分散格納することにより、ハードウェアの多重障害でもデータの復元が可能。高信頼といわれるRAIDシステムを超える高信頼性、耐同時障害性を実現している。

(注3)

データをブロックに分割し、重複したデータブロックを検出して排除。同一のデータのブロックと差分のみを圧縮して格納することにより、容量効率と書き込み性能を大幅に向上させる。知的なデータの可変長分割を行い、変更部分に対するデータ重複の最大限の検出を可能とし、より一層の格納効率と性能向上を実現する。

(注4)

Write Once Read Manyの略で、読み込み専用でデータの更新や削除が不可能。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

iStorageシリーズ製品情報発信ホームページ


URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.istorage.jp

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC プラットフォーム販売本部 (ストレージ販売推進チーム)
電話:03-3798-9740

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.