ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ホテル向けサービスをネットワーク経由で提供するホテル総合クラウドサービスを発売

ホテル向けのサービスをネットワーク経由で提供する
ホテル総合クラウドサービスを発売

2010年6月23日
日本電気株式会社

「客室内の様子(イメージ)」

「客室内の様子(イメージ)」

「宿泊システム画面イメージ」

「宿泊システム画面イメージ」

NECは、ホテルの宿泊予約システムや顧客管理システムなど、ホテルビジネスを支える様々な業務システムや、デジタルサイネージ、音声サービス(PBX)などの付加価値サービスをメニュー化しネットワーク経由で提供するホテル総合クラウドサービスを商品化し、本日より販売活動を開始しました。サービス提供は2011年1月から開始となります(注1)

ホテル総合クラウドサービスは、これまでホテルが、個別に保有していた宿泊予約システム、宴会システム、顧客管理システムなど様々な業務システムや、デジタルサイネージ、IPを活用した音声サービス(PBX)など、ホテルIT全体を、NECの保有するデータセンター内で管理し、各ホテルへSaaS型で提供します。これにより、ホテルでは、新規でサーバーなどを購入し、個別にシステム構築を行う必要がなくなります。

昨今のホテル業界は、消費者ニーズの多様化や競争の激化などにより、きめ細かなサービスの提供や、コストの効率化が必要となっています。また、各種業務のシステム化やIP化によるネットワークの統合が進み、ITの運用や管理が複雑化しており、これらの業務をITベンダーに任せたい、というニーズが高まっています。NECのホテル総合クラウドサービスは、こうしたホテル業界のニーズに応えるものであり、シティタイプからビジネスタイプまで、幅広い業態のホテルで利用することが可能です。

ホテル総合クラウドサービスの導入により、各ホテルにおいては、個別のシステム構築に比べ、約30%の投資削減が可能になると試算しています。さらには、システムの保守・運用管理業務が不要となるため、本業であるホテル利用者へのホスピタリティの向上に専念し、ホテルの競争力アップに注力することが可能となります。

ホテル総合クラウドサービスは、以下の3つから構成されます。

  1. 宿泊システムやなどの業務システム「NEHOPS」

    • 宿泊予約システム、宴会システム、顧客管理システムなど、各種業務システムをサービス提供。
    • 業態や規模に応じた3つのサービスラインアップ(注2)と豊富なオプションメニューを用意しており、必要に応じて機能の選択が可能。

    <サービス化にあたっての強化ポイント>
    • システム毎のIDやログ、勘定科目やマーケティングコード(注3)などのマスタデータの一元管理を実現。
    • シングルサインオンにより、パソコンの一画面で全ての業務システムを権限に応じて起動させることが可能。また、ユーザーが自由に業務メニューを設定できるマイメニュー機能により使い勝手を向上。
    • 宿泊予約システムとインターネット予約システムが自動的に連動するため、宿泊予約システム上の客室在庫がリアルタイムにインターネット上に反映され、販売機会の拡大に貢献。
    • 経営分析機能の強化により、タイムリーに売上・営業利益の把握が可能。


  2. デジタルサイネージサービス「PanelDirector」

    • デジタルサイネージサービス「PanelDirector」により、イベント案内や、レストランメニューの紹介、また、ニュースや天気予報などの情報コンテンツを、ホテル内外に設置したパネルに表示。
    • 「NEHOPS」の宴会システムと連携し、宴席案内、行灯案内などをタイムリーに表示。
    • 「NEHOPS」の宿泊システムと連携し、顧客属性に応じたレストラン情報やイベント情報を、ロビーなどの大型ディスプレイに表示。
    • コンテンツは、日時に合わせて切替表示することが可能。
    • 「視認効果測定サービス」によりコンテンツを見ている人の年齢層、性別、滞留時間やディスプレイとの距離などコンテンツへの興味の度合いを高い精度で測定収集することで、コンテンツの評価分析が可能。
    • 「PanelDirector/FieldAnalyst」を利用して、ディスプレイのカメラ映像から、性別や年齢層を推定することにより、ホテル利用者のマーケティング分析が可能。


  3. ホテルのIP電話システムのサービス提供

    • 他社に先駆けてIPを活用したPBXシステムを数多く納入してきた実績を活かし、ホテル向けPBXシステムのサービス提供を開始。
    • 「NEHOPS」と連携し、顧客システムの情報から、宿泊客の属性に応じたエステやマッサージなどのサービス案内をIP対応多機能電話機のディスプレイ上に表示することや、電話機のタッチパネル式ディスプレイ上で、エクスプレスチェックアウトを行うことなどが可能。
    • 従業員が持つ携帯電話の画面上で、ホテルシステムの情報を取り込み、客室のステータス情報を参照することが可能。

NECは、今後さらに、ホテルの電力や空調システムなどの監視制御を行う環境ソリューションや、セキュリティに関するサービス提供など、サービスメニューの拡充を図り、市場の伸びが期待される中華圏への展開も含め、今後5年間で2000ホテルへのサービス提供を目指しています。

昨今、ネットワークの進展に加え、仮想化やセキュリティ関連の技術が進歩することで、既存のIT資産に制約されることのない柔軟なITの利用が可能となっています。一方、企業においては、IT投資の平準化やシステムのTCO削減のニーズが強まっておりIT資産を所有するのではなくネットワークを介して必要な機能を必要な分だけ利用するというSaaSを含めたクラウド指向のサービスに対する関心が高まっています。NECは、「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」を始めとするサービス事業を進めています。このたびのホテル総合クラウドサービスもこうした活動の一環であり、一層のサービスメニューの拡充と事業強化を図っていきます。

以上

(注1)

音声サービス(PBX)は、本年8月からサービス提供開始。

(注2)

ホテルの規模やサービス形態に合わせ、ベーシック、スタンダード、ハイグレードの3つのメニューを用意。

(注3)

ホテル利用者の利用目的や、予約経路などの情報。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 流通・サービス・交通営業本部
サービス第三営業部 ホテルグループ
電話:03-3798-9759
Eメール: nehops@service.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.