ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECが構築した放送番組センターの「番組視聴・情報システム」が稼動開始

放送番組センターの「放送ライブラリー」で
NECの構築した「番組視聴・情報システム」が稼動開始

2010年7月5日
日本電気株式会社

検索・視聴ブース

検索・視聴ブース

財団法人放送番組センター(神奈川県横浜市、会長:村上光一、以下 放送番組センター)が7月3日(土)にリニューアルオープンした「放送ライブラリー」(注)において、NECの構築した「番組視聴・情報システム」が稼動を開始いたしました。

放送番組センターは、放送法の指定を受けて、NHKや全国の民放から許諾を受けたテレビやラジオ、CMなどの放送番組を収集・保存し、一般に無料で公開する「放送ライブラリー」事業を行っています。

これまで放送ライブラリーでは、放送番組をDVDで公開し、利用者は、番組を検索ブースで検索してから、視聴ブースへ移動して視聴していました。

このたびNECが構築した「番組視聴・情報システム」は、公開用の放送番組を全てストレージに格納することで、利用者が番組の検索から視聴までを1つのブースで一貫して利用することができるものです。これにより、利用者は、検索から視聴までの時間の短縮が可能となる他、時間内であれば何度でも検索、視聴を行うことが可能となります。放送番組センターは、本システムを活用して、保存・公開業務の効率化を図るとともに、放送ライブラリー利用者の利便性の向上を目指します。

本システムは、NECの映像・音声などのコンテンツの管理を行うメディアアセットマネジメント(MAM)システムのパッケージ製品「Media-Serpla MAMベーシック」を活用しています。

NECは、今回の実績を活かし、放送事業者・映像配信事業者向けのみならず、コンテンツ供給会社、企業、教育機関、自治体など幅広い市場に向けて「Media-Serpla MAMベーシック」および、本製品を活用したシステムを拡販してまいります。

以上

(注)

放送ライブラリーホームページ

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC メディアソリューション事業部 第二ソリューショングループ
電話:03-3798-6346

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.