ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 光海底ケーブルシステム「APCN2」の増設プロジェクトを受注

光海底ケーブルシステム「APCN2」の増設プロジェクトを受注 ~毎秒40ギガビットの光海底ケーブル用端局装置を納入~

2010年7月7日
日本電気株式会社

NECはこのたび、アジア各地域を結ぶ大規模光海底ケーブルシステム「Asia Pacific Cable Network 2(以下、APCN2)」の増設プロジェクトを受注しました。当プロジェクトにおいて、NECは毎秒40ギガビットの光波長多重方式に対応した光海底ケーブル用端局装置を納入いたします。既設の大規模光海底ケーブルシステムにおいて、毎秒40ギガビットの光波長多重化方式が採用されるのは、世界で初めて(注1)になります。

「APCN2」は、NECが2001年に納入した毎秒10ギガビットの光波長多重方式に対応した光海底ケーブルシステムです。日本、中国、韓国、台湾、マレーシア、シンガポール、フィリピンを結び、全長約1万9千キロメートルにおよびます。
今回の増設は、データや動画など急増する通信トラフィックに対応するものであり、アジア地域の高速・大容量で高品質な通信インフラ実現に大きく貢献します。発注者は、アジア太平洋地域の主要通信キャリア14社からなるコンソーシアムであり、完成は2011年2Q(4-6月)の予定です。

今回の増設プロジェクトにおいて、NECは、毎秒40ギガビットの光波長多重方式に対応した光海底ケーブル用端局装置「NS Series T640SW Line Terminal Equipment」(注2)を納入いたします。これにより、既存の伝送容量を最大4倍増大させることが可能になります。また、当製品は従来機と比べ、サイズおよび消費電力量が各々約2分の1になっており、省スペース化と省エネに貢献いたします。

 NECは、過去30年以上にわたり、世界の海底ケーブル市場でトップクラスの実績を有しており、日本を含むアジア・太平洋地域を中心に世界中の主要海底ケーブルシステムの構築をしております。
このたびの受注は、こうした当社の実績、および最先端の技術力やプロジェクト遂行力が高く評価されたことによるものと考えております。

NECは、今後も光海底ケーブルシステムビジネスを強化し、グローバルに事業展開してまいります。

以上

注1

NEC調べ

注2

波長可変レーザ、可変分散補償機能を搭載し、従来、波長毎に対応したトランスポンダ(光伝送路インタフェース)を全波長共通のものに統一。これにより、お客様のシステム要求の柔軟な対応を可能とし、保守メンテナンスや運用コストの削減を実現

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.