ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > コンテンツシェアサービスを実現するネットワーク基盤ソフトウェアを開発

コンテンツシェアサービスを実現するネットワーク基盤ソフトウェアを開発

2010年7月9日
日本電気株式会社

NECは、携帯電話で通話中の相手と写真や動画などを手軽に共有できる「コンテンツシェアサービス」を実現するネットワーク基盤ソフトウェア「NC7000-RX(仮称)」を、本年10月を目処に製品化します。

コンテンツシェアサービスは、携帯電話の業界団体であるGSMA(注1)において標準化が進められている技術「RCS(Rich Communication Suite 注2)」に基づくものです。通話中の相手と様々なコンテンツを手軽に共有することができるため、新たなコミュニケーションサービスを実現する技術として注目されています。

NECが製品化する「NC7000-RX」は、RCSに準拠した写真や動画の共有だけでなく、写真への線や図形の書き込みや、拡大・縮小といった操作の結果も共有することが可能です。また、パソコンや家庭用ゲーム機など、携帯電話以外の機器とも写真などを共有することができます。

NECは国内の携帯電話事業者と共に、コンテンツシェアサービスの標準化を積極的に推進しており、NC7000-RXで実現した操作結果の共有機能についても、GSMAで検討中の最新技術「RCSリリース4」での採用に向けて提案を行っています。NECは今後も標準化活動の成果を活かし、先進的なネットワーク基盤ソフトウェア製品の開発を行ってまいります。

なお、NECが試作したコンテンツシェアアプリケーションの技術が、本年7月14日~16日に東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレス・ジャパン2010」の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田隆持)ブース内の、LTEで可能になるコミュニケーションデモおよび「描きコミュニケーション」の展示で利用されます。

以上

(注1)

GSMA(Global System for Mobile Communications Association)とは、世界中の移動通信事業者およびモバイル産業界に関連するメンバーにて構成され、移動通信業界全体の発展を目指した活動を行っている団体です。

(注2)

拡張電話帳、マルチメディアコンテンツを共有しながらの音声通話、拡張メッセージング
などのリッチコミュニケーションサービスの提供や、事業者間相互接続を実現するための標準仕様。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ネットワークサービスシステム事業部
Eメール: contact@nc7000.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.