ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC CSRレポート2010発行について

NEC CSRレポート2010発行について ~「人と地球にやさしい情報社会」を目指して~

2010年7月16日
日本電気株式会社

NEC CSRレポート2010

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/csr/ja/

NECはこのたび、CSR(社会的責任)に関する2009年度の取り組みと成果をステークホルダーのみなさまに報告する「NEC CSRレポート2010」を発行しました。
本レポートは、webで詳細情報を掲載する「NEC CSRアニュアル・レポート2010」と、冊子で重要な7つのテーマ(注1)にハイライトした「NEC CSRダイジェスト2010」から構成されます。
NECのCSRは、企業理念に基づく「NECグループビジョン2017」に掲げる「人と地球にやさしい情報社会」を実現すべく、コンプライアンスの徹底を前提に、ステークホルダーのみなさまと協働し、事業活動をとおして社会や地球が抱えるさまざまな課題の解決に貢献していくことです。
今回のレポートでは、7つのテーマの中から特に注力している「すべての人がデジタル社会の恩恵を享受」と「気候変動(地球温暖化)への対応と環境保全」を中心に、社会や地球の課題解決に貢献する取り組み事例を掲載しています。

NEC CSRレポート2010の主な掲載内容

  • 「NECグループビジョン2017」実現のためのマイルストーンである中期経営計画「V2012 - Beyond boundaries, Toward our Vision -」を全社員が参加して策定しました。3つの事業「クラウド関連事業」「グローバル事業」「新規事業(環境・エネルギー事業など)」に注力し、社会の課題解決への貢献を一層すすめていきます。あわせて、CSR推進活動の中期目標(2010年度~2012年度)も新たに設定しました。

  • すべての人がデジタル社会の恩恵を享受
    アルゼンチン サンフアン州では、学校間や教育省とのネットワークがなかったため、学校運営が非効率となり、情報格差による教育の質の問題にも繋がっていました。その解決のため、クラウドコンピューティングを導入することによって、学校運営を効率化し、教育の質の向上に貢献しています。
    このように新興国・途上国でのデジタルデバイド解消に貢献する事業など、すべての人がデジタル社会の恩恵を享受するための事業展開を目指して、国連開発計画や専門家の協力のもと、社内啓発や人材育成などを推進しています。

  • 気候変動(地球温暖化)への対応と環境保全
    2017年、2030年に達成する目標として、「低炭素」「生態系・生物多様性保全」「資源循環・省資源」の3つの視点でまとめた「NECグループ環境経営行動計画2017/2030」を新たに策定しました。クラウド環境による経営システムの構築や、オフィスの省エネ化、電気自動車用「リチウムイオン電池」の提供や、それを活用した電力貯蔵・スマートグリッドへの展開などをすすめ、お客さま・社会において、2017年度に1,500万トン、2030年度に5,000万トンのCO2排出削減に貢献します。
    詳しくは、以下の「NEC環境アニュアル・レポート2010」に掲載しています。
    http://www.nec.co.jp/eco/ja/annual2010/

  • 1999年から実施している地域貢献運動「NEC Make-a-Difference Drive」において、28カ国953拠点の延べ174,370人の社員が、3,873件の地域貢献活動に参加しました(参加時間153,788時間)。いずれの数値も過去最高を記録しています。

  • レポートの制作にあたり、「GRIサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン2006」(注2)を参考にしました。対照表を掲載しています。自己宣言によるアプリケーション・レベル(注3)はBです。

また、IT企業として特に重要で社会からの関心も高い「情報セキュリティ」について、詳細な情報を掲載した「NEC情報セキュリティ報告書」をはじめて発行しましたので、あわせてご覧ください。
http://www.nec.co.jp/csr/ja/report2010/security/pdf/isr2010.pdf

以上

(注1) 7つのテーマ

【事業活動をとおして解決に取り組む社会的課題・ニーズ】

  • 気候変動(地球温暖化)への対応と環境保全
  • すべての人がデジタル社会の恩恵を享受
  • 信頼性の高い情報通信インフラの構築
  • 安全・安心な社会づくり

【事業活動を支えるための社内マネジメント】
  • お客さまとの信頼関係の構築
  • 働きやすい職場づくりとグローバルな人材育成
  • リスクマネジメントの強化とコンプライアンスの徹底

(注2) GRIサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン2006

GRI(Global Reporting Initiative)が発行するサステナビリティレポートに関する国際的なガイドラインの2006年版

(注3) アプリケーションレベル

GRIの報告枠組みへの適用の度合いを示す目安として、A、B、Cの三段階に分かれているもの

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC CSR推進部 大田
電話:03-3798-9837(直通)
Eメール: csr@csr.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.