ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 日本ビューホテルがNECのホテル総合クラウドサービスを採用

日本ビューホテルがNECのホテル総合クラウドサービスを採用 ~基幹業務システムを2011年4月から利用開始~

2010年7月27日
日本ビューホテル株式会社
日本電気株式会社

日本ビューホテル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:鹿野建治、以下 日本ビューホテル)はこのほど、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下 NEC)のホテル総合クラウドサービスの採用を決定しました。日本ビューホテルは、2011年4月より本サービスの利用を開始します。

NECのホテル総合クラウドサービスは、ホテルの宿泊予約システムや顧客管理システムなど、ホテルビジネスを支える様々な業務システムや、デジタルサイネージ、音声サービス(PBX)などの付加価値サービスをメニュー化し、それらをネットワーク経由で提供するものです。日本ビューホテルは、第一弾として、宿泊システムや宴会システムなどの営業系システムと売上分析、会計などの管理系システムなどホテルの基幹業務に関わるシステムをサービス型で利用します。

日本ビューホテルは、数年後の株式上場を計画しており、経営可視化、内部統制の強化に取組んでおります。そのため、基幹業務システムの見直しを進めていく中で、できる限り資産を持たずに、かつ最新のシステムをサービス型で継続的に利用でき、またこれまでホテルごとに個別に導入していたシステムを統一し、グループホテルで共通のシステムを利用できる環境を模索していました。

NECのホテル総合クラウドサービスを採用することで、宿泊・宴会・レストラン・顧客関係の営業系システムのみならず、売上分析・売掛・購買・会計・債務・人事給与・固定資産などの管理系システムまでホテル業務に必要なシステムをフルサービスで利用でき、これによりシステムの運用・管理費を抑え、本業であるホテルのホスピタリティ向上に注力することが可能となります。また、業務システムだけでなく、音声サービスやデジタルサイネージなどの周辺ソリューションもサービス型で利用できる、サービスメニューの拡張性も評価されました。

日本ビューホテルでは今後、テレビ会議システム、社内ネットワークやデジタルサイネージなども順次サービス型で導入することを検討しており、TCOの更なる削減、戦略的かつ効率的な人員の配置や顧客サービスの向上を目指してまいります。

NECは今回の実績を活かしホテル総合クラウドサービスにより、顧客の様々なニーズに応えてまいります。

以上

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

日本ビューホテル株式会社
IT推進室
電話:03-5828-3546
Eメール: g-suishin@viewhotels.co.jp

NEC 流通・サービス・交通営業本部
サービス第三営業部 ホテルグループ
電話:03-3798-9759
Eメール: nehops@service.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.