ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「PaPeRo」が国立障害者リハビリテーションセンター研究所の「対話型情報支援システム」に採用

コミュニケーションロボット「PaPeRo」が
国立障害者リハビリテーションセンター研究所の「対話型情報支援システム」に採用

2010年8月24日
日本電気株式会社

NECのコミュニケーションロボット「PaPeRo(パペロ)」が、国立障害者リハビリテーションセンター研究所(所在地:埼玉県所沢市 所長:加藤誠志)が開発した、認知症者の自立生活を支援する「対話型情報支援システム」に採用されました。

対話型情報支援システムは、コミュニケーション機能を持つロボットとの対話を通じて、注意力や理解力が低下した認知症者に効果的に情報を提供したり、日常生活行動を促して、自立生活を支援するものです。
同システムでは、PaPeRoの音声認識機能や音声発話機能を利用して、以下の4つのプロセスから構成される対話機能を提供します。

(1)対話を開始させる「注意喚起」   (発話例:○○さん)
(2)支援内容を予期させる「先行連鎖」   (発話例:誰か来たみたいですよ)
(3)情報を知らせる「情報伝達」   (発話例:玄関に行ってみたらどうですか)
(4)「対話の終了」   (発話例:よろしくね)

国立障害者リハビリテーションセンター研究所は、同システムの実証実験を昨年10月より実施しており、システムから提供される情報によって、外出前にトイレを済ませる、ヘルパーを玄関で出迎える、薬を決まった時間に飲む、などの行動を促し、認知症者の自立生活支援に役立つ可能性があることを実証しました。

PaPeRoは、認識技術・センサー・カメラなどを備えたコミュニケーションロボットであり、様々なアプリケーションと組合せて使うことで、ユーザーに情報をわかりやすく提供したり、子供やペットの見守りシステムに応用できるなど、人と情報システムとを優しくつなぐインターフェースとして活用することが可能です。

NECは今後も、PaPeRoのコミュニケーション機能をいかして、子供から高齢者まで、誰もが簡単に利用できる情報システムの提案を行ってまいります。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

PaPeRoに関する情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC プラットフォームマーケティング戦略本部
パペロ・新事業チーム
電話 03-3798-5142

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.