ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 公共図書館向けの基幹業務システムをSaaS型で提供

公共図書館向けの基幹業務システムをSaaS型で提供 ~蔵書管理や貸出・返却・予約管理などを実現する「GPRIME for SaaS/図書館」を発売~

2010年8月24日
日本電気株式会社

GPRIME for SaaS/図書館の詳細

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/kokyo/case/case_library2.html

NECは、公共図書館や地方公共団体などの図書資料管理業務システムをSaaS型で提供する「GPRIME for SaaS(ジープライム フォー サース)/図書館」を開発し、本日より販売を開始します。

「GPRIME for SaaS/図書館」は、公共図書館や組織内の図書室・資料室などにおける、蔵書の管理・検索・予約・貸出・返却システムや利用者管理システムなどの基幹業務システムを、NECのデータセンターからSaaS型で提供するものです。
先行的に、新国立劇場の情報センターにおいて、サービスの利用が8月下旬から開始されています。

公共図書館等は「GPRIME for SaaS/図書館」を利用することにより、同等のシステムを個別に開発・運用する場合と比べて、5年間のシステムコスト(TCO)を約30%削減可能とNECは試算しています。さらには、この低減したコストや効率化された職員のリソースを、図書館利用者へのサービス強化にシフトできることが期待できます。

NECは今後3年間で、約100の公共図書館や組織内の図書室・資料室への提供を目指しています。

「GPRIME for SaaS/図書館」の特長は以下のとおりです。

  • 貸出管理・返却管理・利用者管理・予約管理・督促管理・蔵書管理・レファレンス管理などの業務系システムや、ウェブ検索・予約システムなど図書館の基幹業務に必要な全機能をSaaS型で提供します。

  • 地域住民参加型デジタルアーカイブの構築を支援する「わいわいライブラリー」や、図書館と地域住民のコミュニケーションを支援する「SNS」など、既に提供を開始している電子図書館サービス(注)と連携することで、図書館の業務を幅広く支援するサービスをトータルで提供することが可能となります。

昨今、全国の公共図書館においては、厳しい行財政環境の中で住民の満足度を高める運営を行うために、様々な改革が必要とされています。こうした中、これまで各図書館・各自治体で構築・管理してきたITシステムを"サービス"として利用し、コストを低減しながら最新の技術を用いて業務を効率化したいといったニーズが高まっています。NECはこうした動向を背景に、新サービスを商品化しました。

「GPRIME for SaaS」は、NECの地方公共団体向けクラウドサービスの総称であり、現在、サービスメニューの拡充を進めています。このたびの新サービスもこうした活動の一環となります。NECは今後も一層のサービスメニューの拡充と事業強化を図ってまいります。

「GPRIME for SaaS/図書館」のサービスメニューはPDF別紙をご覧ください。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

GPRIME for SaaS/図書館の詳細

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 公共ソリューション事業部第五ソリューション部 金沢
電話:03-3798-6228
Eメール: sw@fcs.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.