ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > アクティブタグベンダーとの共同開発によりNECのRFIDソリューション提供を強化

主要アクティブタグベンダーとの共同開発により
NECのRFIDソリューション提供を強化 ~クラウド型サービスの開発も加速~

2010年9月10日
日本電気株式会社
NECネッツエスアイ株式会社
株式会社日立産機システム
株式会社日本エアロスカウト
セイコープレシジョン株式会社

NECのRFID活用ソリューション

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/rfid/index.html

NECはこのたび、RFID(無線ICタグ)の領域において、約50mの長距離通信を可能とし、センサ技術との連携できめ細かな監視を実現する「アクティブタグ」(※注1)の主要ベンダーである日立産機システム、エアロスカウトおよび、セイコープレシジョン(※注2)のアクティブタグを組み込んだソリューション提供を強化します。

これまで、アクティブタグを組み込んだソリューションの開発においては、タグが収集した膨大なデータの処理やフィルタリング、位置の検知などを行う仕組みが各社タグで異なるため、個別のアプリケーション開発が必要となっていました。この課題解決のため、アクティブタグのソリューション提供、ミドルウェア開発で実績のあるNECネッツエスアイ(※注2)は、主要3社のアクティブタグを活用し、タグ経由で取得したデータの管理・処理を可能にする共通ミドルウェアを開発しました。
NECは、このミドルウェアの採用により、主要3社のアクティブタグの特長を生かしたアプリケーション開発を効率化でき、安定的に3社のアクティブタグを確保するとともに、顧客の用途や要件に沿ったビジネスモデルの立案からRFIDソリューション開発を短期間かつ、低コストで行うことが可能になります。

アクティブタグ各社の製品の主な特長と適した用途は以下のとおりです。

  1. 株式会社日立産機システム
    基地局・中継局の価格低減とセンサタグの高機能化を実現。製品ラインアップとして、省電力タイプの位置検知タグ、温度・湿度、電力量無線センサなど幅広く供給でき、様々な顧客の現場で、エリア監視・温湿度管理・電力量監視システムなどへの応用が可能。

  2. 株式会社日本エアロスカウト
    タグが発信する電波は無線LAN(IEEE802.11b)に準拠。既設の無線LAN機器をタグの受信機として利用できる。また本質安全防爆構造に対応したタグも用意。石油化学プラントの防爆区画でも使用が可能。ワールドワイドで豊富な実績を有しており、製造、物流、石油化学、病院、公共等の分野で利用されている。

  3. セイコープレシジョン株式会社
    特定小電力無線426MHz帯/950MHz帯を使用しており、通信距離見通し50m以上、4つの送信方法(定時送信/押しボタン送信/振動センサ  送信/LF送信)は顧客の用途に合わせて設定変更ができるため、児童見守りシステムや、入退場管理システム、展示品接触検知システム等へ適用が可能。

近年、RFIDは、複数一括読み取りや情報の追記・書き換えが可能などの特長により、幅広い分野で急速に普及が進んでおります。NECグループでは、国内では秋田大学医学部附属病院向けに、医療過誤防止と看護師の業務効率向上を目的としたベッドサイド自動認証システムや、作業者の安全確保を目的としたガス備蓄基地入退管理システム、そのほかにも展示会来場者の行動マーケティングや集客力調査など国内で多くの実績をあげております。
また、海外では中国の大手医薬品流通卸の九州通医薬集団向けに、温度センサ付きRFIDを活用した商品物流過程での品質管理を行う「温度トレーサビリティシステム」や、ブラジル大手私立病院アインシュタイン病院向けにRFIDによる医療器具の院内在庫・所在管理を行うリアルタイム所在管理システム・医療用冷凍庫の温度管理システムなどを実現しています。
NECはこれらの実績を活かし今後、物流品質管理、医療機器管理や物流現場での保管状態モニタリングや保管場所検知など、SIのみならずパッケージ製品とアクティブタグの導入コンサルを含めたソリューション開発・提供を強化します。国内のみならず、中華圏、中南米地域にも販売展開するとともに、RFIDを接点テクノロジとして活用したクラウド型サービスビジネスの創出を図ります。 

NECは、2006年にRFIDの実証・実験施設として、「NEC RFIDイノベーションセンター」(所在地:東京都大田区平和島6-1-1 東京流通センター内)を開設し、これまでに1300社を超える顧客が来場して実際の現場に近い環境での各種実証実験やデモ確認などで利用し、採用につなげてきました。今回強化した3社のアクティブタグを利用したソリューションについても、2010年10月1日より、当センターにて、デモ展示、実証実験ができるようにリニューアルします。

NECは今後も、医療分野や、製造業の分野などにおいて、RFIDタグを活用したリアルタイムの所在管理・資産管理・温度管理など、顧客にとって最適なRFIDソリューションを提供していきます。

以上

(※注1)アクティブタグ:

アクティブタグは、管理する物品・人につけるアクティブタグ子機と、子機から発信されたIDやセンサ情報を受取る受信機とで構成される。電池を内蔵した子機から自発的に電波を発信することによって、約50mの長距離通信が可能となり、利用範囲が大きく広がるもの。電池を内蔵するため温度・湿度や加速度、電力など各種センサを子機に組み込むことができ、センサが収集した情報は、受信機へ無線通信で定期的に送られるので、リアルタイムに情報を可視化できる。

(※注2)

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:遠藤信博)
NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:山本正彦)
株式会社日立産機システム(本社:東京都千代田区、取締役社長:長野 晄史)
株式会社日本エアロスカウト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ユーバル・バーギル)
セイコープレシジョン株式会社(本社:千葉県習志野市、代表取締役社長:中村 敏宏)

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

NECのRFID活用ソリューション

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 新事業推進本部
Eメール: info-rfid@rfidbsc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.