ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 高速無線LANルータ「AtermWR8370Nシリーズ」を発売

高速無線LANルータ「AtermWR8370Nシリーズ」を発売 ~自動で節電する「オートECO」機能を搭載~

2010年10月12日
日本電気株式会社
NECアクセステクニカ株式会社

AtermWR8370Nシリーズ(左:WR8370N(HPモデル)、中:WL300NU-GS、右:WR8370N(STモデル))

AtermWR8370Nシリーズ
左:WR8370N(HPモデル)、中:WL300NU-GS、右:WR8370N(STモデル)

新商品に関する情報

「AtermStation」 新しいウィンドウを開きます。http://121ware.com/aterm/

「121ware.com」 新しいウィンドウを開きます。http://121ware.com/

NECならびにNECアクセステクニカはこのたび、IEEE802. 11n/11b/11gに準拠した無線LANルータ「AtermWR8370Nシリーズ」と、USBスティックタイプ子機「AtermWL300NU-GS」を商品化しました。
「AtermWR8370Nシリーズ」は、離れた部屋でも高速通信が可能なハイパーロングレンジモデル「AtermWR8370N(HPモデル)」とスタンダードモデル「AtermWR8370N(STモデル)」の2機種を用意し、それぞれ販売するほか、「AtermWL300NU-GS」とのセットモデルも提供します。新商品は、10月中旬より順次発売予定です。

「AtermWR8370Nシリーズ」は理論値最大300Mbps(注1)の高速無線LANルータであり、有線LANポートと回線側ポートにギガビットイーサネットを搭載し、無線LANだけでなく、有線LANでも高速な通信が行えます。
また、省エネ機能「ECOモード」は、従来からの装置本体の「ECOボタン」による手動の切り替えとスケジュール設定による自動切り替えに加えて、無線LAN通信がないときに自動で節電する「オートECO」機能を追加しました。
ユーザの利用形態に応じてECOモードを選択することができ、さらに使いやすくなりました。


「AtermWR8370Nシリーズ」の主な特長は以下の通りです。

  1. 無線LANおよび有線LAN通信が、どちらも高速で快適。
    無線LANは理論値最大300Mbps(注1)、有線LANはギガビットイーサネットを搭載。実効スループットでは、無線LANで最大160Mbps以上(注2)、有線LANでは最大870Mbps以上(注3)という、高速な通信性能を実現。
    ハイパーロングレンジモデル「AtermWR8370N(HPモデル)」は、指向性に優れた高性能アンテナおよび高性能無線回路を内蔵することで、離れた部屋でも高速通信が可能。

  2. 省エネ「ECOモード」に自動で節電する「オートECO」機能を搭載。
    無線LANおよび有線LANの通信速度や一部の機能を制限することにより、待機時消費電力を削減する「ECOモード」を搭載。従来の装置本体の「ECOボタン」を押して手動で切り替える設定と、スケジュール設定による自動切り替えに加えて、新たに無線LAN通信がないときに自動で節電する「オートECO」機能を追加。
    また、省エネ機能として、未使用のLANポートへの電源供給を自動で制限する「LANポート自動節電」も搭載。

  3. USBデバイスを簡易NAS(Network Attached Storage)として利用できる「USBポート」搭載(注4)
    外付けのハードディスクやUSBメモリをファイルサーバとして、映像や音楽などのデータファイルを複数のパソコンで共有して楽しむことが可能。
    外出先から、USBデバイス内のファイルを閲覧することも可能。

  4. リモートアクセスを容易にする便利機能を搭載。
    リモート起動機能(Wake on LAN)により、有線で接続したパソコンの電源を起動することが可能(注5)。また、BIGLOBEのDDNSサービス(注6)を利用すれば、外出先から自宅のパソコンへのアクセスが容易。

  5. 無線LANの接続設定がボタンで手軽に行える「らくらく無線スタート」
    Atermシリーズの無線LAN親機・子機間だけでなく、無線LAN機能を内蔵したWindowsおよびMac OSパソコン(注7)でも利用可能。また、ゲーム機や携帯電話、プリンタ(注8)などにも搭載されており、幅広い機器との接続設定が可能。

新商品の名称、型番、販売価格、発売時期は以下の通りです。

商品名 型番 販売価格 発売時期
AtermWR8370N(HPモデル) PA-WR8370N-HP オープン価格 10月中旬
AtermWR8370N(HPモデル)USBスティックセット
[WR8370N(HPモデル)+WL300NU-GSセットモデル]
PA-WR8370N-HP/U オープン価格 10月中旬
AtermWR8370N(STモデル) PA-WR8370N-ST オープン価格 10月中旬
AtermWR8370N(STモデル)USBスティックセット
[WR8370N(STモデル)+WL300NU-GSセットモデル]
PA-WR8370N-ST/U オープン価格 10月中旬
AtermWL300NU-GS PA-WL300NU/GS オープン価格 10月中旬

※装置本体カラーは、「AtermWR8370N(HPモデル)」「AtermWL300NU-GS」はブラック、「AtermWR8370N(STモデル)」はホワイトです。

NECは今後も、光回線の速度を活かす11nに対応した商品を中心にAtermシリーズを積極的に展開します。また、環境への配慮、無線LAN導入時の煩雑さを解消する機能や、無線LANのセキュリティ機能を強化し、使い勝手の向上を図ってまいります。

以上

(注1)

表記の速度は理論値であり、実効速度とは異なります。

(注2)

WR8370NのLANポートに接続したパソコンから、WL300NCを実装したパソコンへのデータ転送速度を測定。暗号化無効、WR8370NとWL300NC間は3m。周囲の電波環境や使用機器により、速度は変動する場合があります。測定環境、測定値の詳細は「AtermStation」に掲載しています。

(注3)

WR8370NのWANポートに接続したパソコンから、LANポートに接続したパソコンへのデータ転送速度を測定。測定環境、測定値の詳細は「AtermStation」に掲載しています。

(注4)

バスパワー駆動のハードディスクや無線LANなどストレージ以外の機能を備えたUSBメモリには非対応。

(注5)

ご利用のパソコンがWake on LAN機能に対応している必要がります。

(注6)

NECビッグローブ株式会社のサービス(有償)に対応しています。

(注7)

利用可能なOSは以下の通りです。

  • Windowsの場合:Windows(R) 7(32/64ビット版) / Windows Vista(R) (SP1/SP2含む・32ビット版) / Windows(R) XP(SP2/SP3・32ビット版)(各日本語版)
  • Macintoshの場合:Mac OS X v10.5/v10.6(各日本語版)。Intel CPU搭載機専用。PowerPC搭載機では動作しません。また、Mac OS X v10.6(Snow Leopard)の64ビットカーネルモードには対応しておりません)

(注8)

対応機器の情報は、「AtermStation」に掲載。

*

「Aterm」は、日本電気株式会社の登録商標です。

*

「ハイパーロングレンジ」はNECアクセステクニカ株式会社の商標です。

*

記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

新商品に関する情報

「AtermStation」
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://121ware.com/aterm/

「121ware.com」
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://121ware.com/

本件に関するお客様からの問い合わせ先

Aterm(エーターム)インフォメーションセンター
ナビダイヤル 0570-050-611
ナビダイヤルをご利用いただけないお客様:04-7185-4761
受付時間 9:00~18:00(平日)、9:00~17:00(土曜)、10:00~17:00(日曜)
(祝日、年末年始、NECの休日は休み)

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.