ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > クラウドサービスやITシステムのサービス品質向上を支援する「性能改善ソリューション」の提供を開始

クラウドサービスやITシステムのサービス品質向上を支援する
「性能改善ソリューション」の提供を開始

2010年10月15日
日本電気株式会社

性能改善ソリューションについて

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/WebOTX/works/partner_ca_topic.html

NECは、CA Technologies(東京都新宿区、代表取締役社長:バスター・ブラウン、注1)と連携して、クラウドサービスやITシステムのサービス品質向上を支援する「性能改善ソリューション」を製品化し、本年11月より提供開始します。

新ソリューションは、当社のWebアプリケーションサーバ「WebOTX Application Server V8.3(以下、WebOTX AS)」と、CA Technologiesが本年10月に発売した最新アプリケーション性能管理ソフトウェア「CA Introscope 9(注2)」を組み合わせて実現したものです。

本ソリューションは、Java EE(注3)アプリケーションで構築されるITシステムやクラウドサービスの性能を、アプリケーション内部の処理単位で可視化することができます。これにより、性能のボトルネックとなる部分の特定および改善を効率的に行うことが可能です。
なお、本ソリューションの製品化に先立ち、米CA Technologiesとの共同検証を行い、WebOTX ASがCA Introscope 9の認証を取得しました。これにより、アプリケーション内部の処理単位だけでなく、ITシステムやクラウドサービスを提供する事業者の視点でも性能情報を可視化することが可能になりました。

本ソリューションの主な特長は以下の通りです。

  1. 短期間かつ低コストでの導入が可能
    煩雑な初期設定をせずに、WebOTX ASとCA Introscope 9の連携を実現する機能を提供。これにより、導入時の設定作業が大幅に削減され、短期間かつ低コストでシステム性能情報の可視化が可能。

  2. 効率的にシステムの性能改善を行うことが可能
    CA Introscope 9で可視化した性能情報をもとに、システムの改善点や改善方法などを調査するための「WebOTX性能管理ガイド」を提供。本ガイドを参照することで、CA Introscope 9が検知した性能問題に対して、アプリケーションやWebOTX ASの設定情報のどの部分を改善すべきかを迅速に把握でき、効率的な性能改善が可能。

本ソリューションの希望小売価格は3,200,000円から(注4)であり、NECは今後3年間で300システムの販売を目指します。

NECはこれまで、WebOTX AS を基盤とする業種パッケージソフトウェアやシステムの構築において、CA Introscopeを活用した性能検証や性能改善に取り組み、サービス品質を向上してきました。新ソリューションは、こうした実績をもとに製品化したものです。

クラウドコンピューティング環境では、複数のテナント(サービス利用企業)で一つのアプリケーションを共有するため、アプリケーションの性能ボトルネックの影響がテナント全体に及び、サービス品質低下を引き起こすリスクが発生します。そのため、従来よりもきめ細やかな性能検証が必要になり、その検証にかかる時間とコストの増加が課題となっています。

NECとCA Technologiesは本年6月に、システムの性能を分析して性能問題の原因特定を支援する「性能ボトルネック分析ソリューション」(注5)の提供を開始しています。このたびの新ソリューションは、対象領域を、性能問題の原因特定からシステムの性能改善支援にまで拡大したものです。両社は今後もアプリケーション性能管理領域での協業関係をさらに発展させてまいります。

なおNECは、性能改善ソリューションを2010年10月15日グランドプリンスホテル赤坂で開催される「CA Expo'10」ならびに2010年11月11日から12日に東京国際フォーラムで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」に出展いたします。


CA Technologies
代表取締役社長 バスター・ブラウン
CA Technologiesは、このたびNECが発表する「性能改善ソリューション」の提供開始を歓迎いたします。これまでCA Technologiesは、NECとアプリケーション性能管理分野において密接なパートナーシップを築いており、NECのWebOTXとCA Introscopeの組み合わせによって多くのシステムのサービス品質向上を実現してまいりました。今回、NECが最新のCA Introscope 9の認証をいち早く取得して実現した新ソリューションが、強固なクラウドサービスの実現に貢献できることと確信しております。CA Technologiesは、ミッションクリティカルシステムの豊富な構築実績を持つNECと連携を図りながら、Webアプリケーションの性能管理市場の更なる拡大をはかってまいります。


以上

(注1) CA Technologiesについて

CA Technologies(NASDAQ:CA)は、メインフレームをはじめ、物理環境から仮想環境、クラウドに至るまで、あらゆるIT環境における専門知識とノウハウを有するITマネジメント・ソフトウェア/ソリューション・ベンダです。CA Technologiesは、IT環境を管理し、安全確保のための手段を提供することで、お客様がITサービスを柔軟に行えるよう支援しています。CA Technologiesの革新的な製品とサービスは、IT組織にとって不可欠な洞察力とコントロール能力を提供します。フォーチュン500の多くの企業がCA Technologiesの製品/サービスを活用し、絶えず変化するITエコシステムを管理しています。CA Technologiesの詳しい情報については、<www.ca.com>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp>(日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、www.twitter.com/caincをご覧ください。

(注2) CA Introscope 9

システム性能を低下させることなく複雑なJ2EEアプリケーション内部の性能データを収集できることで、開発・検証環境から商用環境まで幅広く活用されている世界有数のアプリケーション性能管理ソフトウェア。

(注3) Java EE(J2EE)アプリケーション

Sun Microsystems社のプログラミング言語「Java 2」の機能セットの一つで、企業の業務システムや電子商取引などで使われるサーバに必要な機能をまとめたもの。

(注4)

アプリケーションサーバ1台(1CPU)環境で、WebOTX ASで構築したJava EEアプリケーションの性能検証をする場合の最小構成価格(税別、保守無し)。CA Introscope 9、WebOTX AS V8.3、性能測定テンプレート、性能管理ガイドを含む。

(注5) 性能ボトルネック分析ソリューション

Webアプリケーションのレスポンス低下等の検知から、原因となるITインフラの特定、さらに、通常はブラックボックス化されているJava EEアプリケーション内部の性能情報の可視化・分析・原因箇所の絞込みまでを自動化する。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

性能改善ソリューションについて

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC プラットフォーム販売本部(ソフトウェア問合せ)
電話:03-3798-7177
(受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く))
Eメール: contact@soft.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.