ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 利便性と環境性能を追求した新型ATMを開発

利便性と環境性能を追求した新型ATMを開発 -平成22年11月よりテスト設置、翌年3月より順次導入・入替開始-

2010年10月18日
株式会社セブン銀行
日本電気株式会社

株式会社セブン銀行(以下、セブン銀行、東京都千代田区、代表取締役社長 二子石 謙輔)と日本電気株式会社(以下、NEC、東京都港区、代表取締役執行役員社長 遠藤 信博)は、セブン-イレブン、イトーヨーカドー等に約15,000台設置しているセブン銀行ATMについて新型ATM(以下、第3世代ATM)を開発し、平成22年11月よりテスト設置を、翌年3月より順次導入・入替を開始していくことをお知らせいたします。

第3世代ATMの主な特長

  1. お取引時間のスピードアップ
    紙幣処理速度の向上、省エネモードからの復帰にかかる待機時間をなくすことで、よりスピーディーに、お待たせせずに、お取引きが可能。

  2. 安心・安全にお取引きできる機能の拡充
    第2世代ATMに比べ高さを低くし、操作画面の位置・角度を変更することで、より安心して利用できる空間が広がり、かつ周囲から画面や操作がさらに見えづらくなり、プライバシー性を向上。また、取り忘れ防止センサー、第2スピーカー等を搭載し、現金等の取り忘れ防止機能を強化。

  3. 環境への配慮
    取引時以外は常に省エネモードでの運用、画面のバックライトのLED化等により、消費電力を約半分に抑制。あわせて寿命が長い部品・リサイクル可能な素材を使用し資源を有効活用。

  4. 現金オペレーションの強化
    現金カセットを増やし、紙幣の容量を増やすことで、現金の補充等にかかるコストを抑制。また設置場所や利用状況に応じた柔軟なカセット運用を行い、現金切れ等を防止。

  5. お客さまのニーズに対応した各種サービスの継続
    視覚障がいのあるお客さまへの音声ガイダンスサービス、海外からのお客さまに向けての海外発行カード対応等、第2世代ATMで実施しているサービスは継続。

第3世代ATMの導入・入替スケジュール

◇平成22年11月 西東京地区でテスト設置開始(約50台)
◇平成23年3月 東京都を中心に順次導入を開始(3月中に約300台)
◇平成23年度 東京都、山梨県、静岡県を中心に約3,000台
 その後、平成27年度上期中を目標に全台入替を予定

以上

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.