ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ビジネスパソコンのモーダルシフト実施でCO2排出量を約25%削減

ビジネスパソコンのモーダルシフトおよび輸送効率化により
物流におけるCO2排出量を約25%削減

2010年10月19日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

NECおよびNECパーソナルプロダクツはこのたび、ビジネスパソコンの輸送におけるモーダルシフト(注1)の実施、および輸送の効率化により、物流時に排出されるCO2を約25%削減(注2)いたします。

NECはこれまで、パソコンの製品輸送時に発生するCO2を削減するために製品の梱包箱の設計改良に取り組み、この二年間で40%(注3)の小型化を実現してきました。これは業界で最小クラスの梱包箱サイズ(注4)であり、CO2削減の環境面だけでなく、一度に輸送できる物量が増やせるため、輸送や保管コスト低減にも大きな効果がありました。

このほど、一層のCO2削減をはかるために、トラックなどの輸送と比較して、80%以上(注5)のCO2削減効果がある貨物列車の輸送に切り替えるモーダルシフトを実施します。梱包箱の小型化による輸送の効率化およびモーダルシフトの実施により、物流時に排出されるCO2を約25%削減いたします。まずは、パソコンの生産を行うNECパーソナルプロダクツ米沢事業場から関西エリアへの出荷分からの適用を開始し、順次対象エリアを拡大していく予定です。本年10月から試行を開始し、最終的にはビジネスパソコンの約30%を鉄道輸送に変更する予定です。

貨物列車輸送の場合、トラック輸送と比較して輸送時間を要するため、米沢事業場では生産革新やそれを支える生産・物流管理システム(MESシステム(注6))を強化しました。生産の準備段階の「かんばんシステム」や「ミルクラン方式(注7)」、見える化等の生産進捗管理、そして物流管理等を強化することにより生産リードタイムを短縮し、従来と同等のデリバリーのリードタイムや搬入先変更への対応などの柔軟性も維持したうえでモーダルシフトを実現します。

NECでは、パソコンの生産・物流から廃棄に至るまで、環境に配慮した取り組みを継続強化すると共に、今後もNECパーソナルプロダクツの生産革新で培ったノウハウをもとにしたMESソリューションを提供してまいります。

以上

(注1)

トラックなどによる輸送を貨物列車・貨物船などによる輸送で代替すること。環境負荷を軽減する等の効果が期待される。

(注2)

NECのパソコンの物流時に排出されるCO2の削減比率。

(注3)

ノートパソコンにおける梱包箱の容積を縮小した比率。

(注4)

NEC調べ、2010年1月時点。

(注5)

1トンの貨物を1km輸送した際に排出されるCO2の削減比率。

(注6)

Manufacturing Execution Systemの略。生産実行システム。

(注7)

物流方式の一つで、巡回集荷とも呼ばれる。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.