ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、インテル、マイクロソフトが次世代デジタルサイネージ機器の実現を目指し協業

NEC、インテル、マイクロソフトが
次世代デジタルサイネージ機器の実現を目指し協業

2010年11月10日
日本電気株式会社
インテル コーポレーション
マイクロソフト コーポレーション

NECとインテル コーポレーション、マイクロソフト コーポレーションはこのたび、デジタルサイネージ事業分野において日本およびグローバル市場で協業することで合意いたしました。3社は今後、互いの持つ製品や技術を持ち寄り、デジタルメディア・クラウドコンピューティング時代において“多様化するデジタルコンテンツ”“インタラクティブ機能”“インテリジェント性”“ライフサイクル管理”への対応を図るため、高性能で信頼性に優れた次世代デジタルサイネージの実現を目指します。

インテル コーポレーションとマイクロソフト コーポレーションは、本年1月に“インテリジェント・デジタルサイネージ”のコンセプトを発表し、共同で本市場の開拓を開始しました。このたびNECが協業に参加することにより、インテル(R) Core(TM) i5/i7プロセッサー(注1)と、組込み機器向けに最適化されたマイクロソフトのWindows(R) Embedded Standard 7(注2)の技術を駆使した次世代のデジタルサイネージ関連機器、ソフトウェア製品と、これらの製品によるコンテンツ管理、メディア配信等のソリューション提供をNECが行うものです。

今回の協業の主な内容は次の通りです。

  1. インテル(R)アーキテクチャー採用の新規制御モジュールおよび対応ディスプレイの開発とNECによる製品化
    • インテル(R) Core(TM) i5/i7プロセッサーを搭載し、インテルと共同開発したOpen Pluggable Specification(OPS、注3)規格に準拠したデジタルサイネージ専用の制御モジュールと、同規格に対応するディスプレイをNECが製品化し、現在の商品ラインアップを拡充する。
    • 本製品により省スペース、低コスト、高性能、高信頼性を実現するデジタルサイネージ・ソリューションの構築が可能となる。

  2. Windows Embedded Standard 7による高度な表示技術
    • マイクロソフトのWindows Embedded Standard 7のタッチパネル、ジェスチャーコントロール等高度な表示技術(Windows Presentation Foundation、Windowsタッチ、マルチジェスチャータッチインタフェース用Windowsフリップ3Dナビゲーション)や外部センサ連携機能により、デジタルサイネージのコンテンツ表示機能を強化。
    • Microsoft(R) System Center Configuration Manager(注4)により、効率的なデバイスの管理や、高度な電源管理APIのサポートによる消費電力の削減が可能。

  3. 視認効果測定機能の強化
    • インテル(R) Core(TM) i5/i7プロセッサーとマイクロソフトのWindows Embedded Standard 7 により、NECにて従来から提供してきた視認効果の測定精度を強化。デジタルサイネージと視認効果の測定機能を1つの制御モジュールで動作させることが可能。
    • これまでNECが提供してきた独自のBIツールに加え、マイクロソフトが提供するMicrosoft SQL Server(R) 2008 R2(注5)のBI機能を活用し、より汎用性が高く、使い勝手のよいBIツールによる、多角的な効果測定分析を新規提供。
    • これらの効果測定機能向上により、タイムリーかつ効果的なコンテンツ配信がグローバルで対応可能。

  4. NECのデジタルサイネージの運用管理機能の強化
    • インテル(R) アクティブ・マネージメントテクノロジを利用し、分散配置されたディスプレイ及び制御モジュール装置への電源制御、ミドルSW更新等リモートで一元管理を行う機能を新規提供。
    • 運用管理ソフトウェアを活用し、制御モジュール装置のオンライン管理、OSアップデート、ソフトウェア更新、資産管理等を効率的に行う仕組みを提供。

以上

(注1)

32nm(ナノメートル)プロセス技術によって製造されたインテル最新の高性能プロセッサー。

(注2)

マイクロソフトのWindows 7テクノロジをベースにした、強力かつ柔軟でセキュリティにも優れた、リッチなユーザーエクスペリエンスを実現する組み込み機器専用のOS。

(注3)

インテルが本年10月に発表した、デジタルサイネージ向けコントロールモジュールとスロットの規格。

(注4)

マイクロソフトが提供する、データセンターやビジネス基盤の運用管理を容易にする、統合されたシステム管理ソリューション。

(注5)

マイクロソフトが提供する、データ管理基盤に、IT部門および開発者の生産性を向上するツール、そして企業のデータ活用を革新するセルフ サービス BIを統合したデータ プラットフォーム。

*

Intel、インテル、インテルCoreは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

*

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 通信・メディアサービスソリューション事業部
電話:03-3798-9479

マイクロソフト カスタマーインフォメーションセンター
電話:0120-41-6755

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.