ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 世界初、IFS社のERPパッケージ「IFS Applications」をNECがSaaS型で提供

世界初、IFS社のERPパッケージ「IFS Applications」をNECがSaaS型で提供 ~モジュール(業務機能)単位に利用料金を設定し、柔軟な導入を実現~

2010年11月11日
日本電気株式会社
IFSジャパン株式会社

NECは、ERP(基幹システム)ソフトウェアの開発・販売でグローバルに実績のあるIndustrial and Financial Systems(本社:スウェーデン・リンショーピン市、最高経営責任者: アレステア・ソービー、以下 IFS)及びIFSジャパン株式会社(代表取締役社長:ステファン グスタフソン、以下 IFSジャパン)と、クラウドサービス事業で新たな協業関係を確立しました。
これにより、NECは世界で初めて、IFS社のERPパッケージソフト「IFS Applications」をクラウドサービスとして提供を開始します。

NECは、「IFS Applications」の会計・販売物流・生産業務領域の機能にNECが開発した追加機能を組み合わせ、クラウド指向データセンタ(注1)を活用してSaaS型で提供します。本日より販売活動を開始、2011年4月よりサービス提供を開始します。

本サービスの最大の特長は、会計・販売物流・生産管理業務の領域を、30種以上のモジュール(業務機能)に細分化し、モジュール単位に利用料金を設定している点です。従来は各社ごとの個別カスタマイズ要素が多いためにSaaS型の提供は困難とされてきた販売物流・生産管理領域において、モジュールという小さな業務単位にすることでカスタマイズ要素を減らし、SaaS型提供を可能にしました。
また、顧客企業は、事業環境やニーズに応じて必要最小限のモジュールを選択することができ、コストを削減しながら柔軟なシステム利用が可能となります。NECでは、顧客が同等システムをSIで構築した場合と比べ、5年間トータルでTCOを30%以上削減可能と算定しています。

NECはこれまで、130社への「IFS Applications」納入実績があり、そのうち1/3がアジアを中心とした海外への納入実績となります。
NECは、このたびのSaaS型「IFS Applications」をグローバルに販売し、今後5年間で50社への導入を目指します。

NECはIFSと1997年に協業を開始して以来、日本企業特有のニーズに適応する追加機能の共同開発やグローバルサポート体制の構築などを進め、国内における同ソフトの大半をNECが販売してきました。今回のクラウドサービス事業における新たな協業は、これまでの両社の連携をさらに強化・発展させるものです。

このたびのサービス概要は以下のとおりです。

  1. 世界初、「IFS Applications」をモジュール単位にSaaS型で提供
    1. 「IFS Applications」の会計・販売物流・生産業務領域の機能に、NECがIFSと共同開発した日本企業特有のニーズに適応する機能(例えばファームバンキング(注2)連携機能、手形機能、製番機能等)やグローバル需給調整機能を組み合わせ、NECのクラウド指向データセンタを活用してSaaS型で提供。NEC開発の機能を加えることで、特に日系企業の業務プロセスにより適したシステム利用が可能。
    2. 会計・販売物流・生産管理業務それぞれの領域のモジュール単位にSaaS型で提供する。例えば、会計は一般会計・売掛管理・買掛管理などのモジュール、販売物流管理は在庫管理・購買管理・受注出荷管理・顧客納品計画などのモジュール、生産管理は製造オーダ管理・製番管理・個別受注生産・繰返生産管理など合計30種以上のモジュールを顧客のニーズに適した組み合わせでサービス提供を実施。
    3. モジュール毎の利用料金を設定し、導入企業の利用ユーザ数と組み合わせた月額サービス料を設定。顧客規模に合わせた低価格でのサービス利用が可能。
    4. 多言語、多通貨、多拠点対応等のグローバル対応機能により、海外の複数生産/販売拠点へのガバナンスを効かせたシステムの統合化や、業務領域や対象拠点に対して段階的なシステム導入が可能。

  2. 導入コンサルティングサービスの提供
    NECの専門要員が、顧客の業務と本クラウドサービスで提供する機能との適合性を判断する「フィット分析」、サービス適用要件を抽出し運用・移行までのロードマップを描く「サービス要件定義」、サービス適用に向けた具体的な設計・実装を行う「サービス適用準備」、教育・テスト・移行を実施し本番稼動を行う「サービス適用・移行」といったコンサルティングサービスも提供。顧客に最適なクラウドサービスの適用を実現。

近年、企業においては、グローバルにおけるガバナンスの強化、持たざるITによるシステム運用負荷の軽減、TCO削減といったニーズが強まっており、クラウド指向のシステムサービス活用に対する関心が急速に高まっています。
NECでは、自社基幹システムの全面刷新・クラウド化を行い、この実践で培ったノウハウを基に、高度なコンサルティングサービスや業種/業務アプリケーションのサービス提供などをトータルに提供しています。このたびのIFS社・IFSジャパンとの協業強化により、クラウド指向の幅広いサービス事業の拡大を進め、顧客企業の経営・業務革新に貢献していきます。

以上

(注1) クラウド指向データセンタ

データセンタに、自社基幹システム等で利用実績のあるシステムモデル(特定のハードウェア製品、OS、ミドルウェアを組み合わせたもの)によるサービス提供基盤システムを構築したもの。企業等の業務での利用にふさわしい信頼性を備え、基幹システム領域も含めたアプリケーションサービスをここから提供する。日本国内でNECが構築したものに加え、海外にも各地にクラウド指向データセンタを確立し、ネットワーク化する。統合運用監視センタからグローバルな集中運用監視を行い、高効率で高品質なグローバルサービスネットワークの運用を提供可能。

(注2) ファームバンキング

銀行などの金融機関が行っている企業向けの顧客サービスのひとつ。金融機関と企業にある専用のコンピューターまたは端末を通信回線で結び、預金の残高照会や給与の振り込みなどがオンラインで行える。

*IFS(およびIFSジャパン)について

IFS AB(OMX STO: IFS、以下 IFS)は、1983年にスウェーデンに設立、IFS Applicationsの開発、販売、導入を行っています。IFS Applicationsは、SOA技術を利用したコンポーネントベースの包括的なERPです。IFSは、世界50カ国に2000社を超えるお客様を擁し、7つのインダストリー(機械・機器製造業、自動車産業、プロセス産業、小売&卸売業、建設・保守&サービス管理、航空・防衛産業、公益・テレコム産業)に注力しています。IFSは、従業員2700人、2009年度の売上は26億スウェーデン・クローネ(約338億円)です。
IFSジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ステファン・グスタフソン)は、IFSの日本法人として1997年に東京に設立されました。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 第一製造業ソリューション事業部 クラウド推進グループ
電話:03-3456-7518
Eメール: ifs-support@ifsg.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.