ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 地球シミュレータがHPCチャレンジアワードの1指標で第1位を獲得

地球シミュレータがHPCチャレンジアワードの1指標で第1位を獲得 ~Global FFTで世界最高性能を達成~

2010年11月17日
日本電気株式会社

NECが独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏)に納入した「地球シミュレータ」(注1)が、HPCチャレンジアワード(注2)のGlobal FFT(高速フーリエ変換)指標において、11.876TFLOPS(テラフロップス:注3)を達成し、世界第1位となりました。

米国ニューオリンズで開催中のスーパーコンピューティングに関する国際会議SC10(11月16日(現地時間))で第1位を受賞しました。

HPCチャレンジアワードは、科学技術計算で多用される計算パターンから抽出した4つの重要な指標を対象としており、その中でGlobal FFTは、地球環境問題に関する計算の中核をなす気候シミュレーションや地震解析などの固体地球物理、また新素材の設計など、重要な応用分野において活用されております。

このたび「地球シミュレータ」がHPCチャレンジアワードのGlobal FFTにおいて世界最高速を達成したことは、実際の応用ソフトウェアに対する地球シミュレータの優れた性能を実証するものです。

「地球シミュレータ」は、その高い実効性能を活かして、広範な分野に応用されており、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次報告書に向けたより正確な気候予測や地球温暖化の影響評価といった地球環境問題等に関する知見の創出や、地震・津波の高精度シミュレーションによる防災減災に貢献するとともに、産業界とも連携して利用分野の拡大を推進しています。

以上

(注1) 地球シミュレータ

平成14年3月に運用を開始したベクトル型並列計算システム。平成21年3月に更新された新型「地球シミュレータシステム」は、「SX-9/E」160ノードから構成され、最大理論性能131TFLOPSを有する。また現在、世界最高速の1CPUコア性能(102.4GFLOPS)を有する。

(注2) HPCチャレンジアワード

高性能計算機の性能番付として主流であったTOP500ベンチマークで使用されてきたLinpack(連立方程式の計算)を補完し、多面的な観点から性能を評価する目的で米国により開発された指標。演算性能だけではなく、メモリ-CPU間のデータ転送やCPU間のネットワークの性能など、高性能計算システムにおける性能を総合的に評価することが可能。
HPCチャレンジアワードには、最高性能を競うクラス1とプログラムの洗練さを評価するクラス2の2種類がある。このうちクラス1アワードは、特に以下の4つの指標の各々に関して、最高速の性能を達成したシステムに対して与えられる。今回は中でもGlobal FTTの指標において1位となったものである。

・HPL:大規模な連立1次方程式の求解における演算速度(Linpack)
・Global Random Access:並列プロセス間でのランダムメモリアクセス性能
・EP STREAM Triad per system:多重負荷時のメモリアクセス速度
・Global FFT:高速フーリエ変換(FFT)の総合性能

(注3) FLOPS

1秒間に実行可能な浮動小数点演算数。1TFLOPS(テラフロップス)は1秒間に1兆回の演算速度を意味する。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.