ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 総合図書館システム「GPRIME図書館ソリューション」を電子書籍に対応

総合図書館システム「GPRIME図書館ソリューション」を電子書籍に対応 ~堺市立図書館において、2011年1月より利用開始~

2010年12月21日
日本電気株式会社

「GPRIME図書館ソリューション」の詳細

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/kokyo/GPRIME/jumin/library_eb.html

NECは、公共図書館向け総合図書館システム「GPRIME図書館ソリューション」の強化として、電子書籍の検索・予約・貸出・返却に対応する新機能を開発し、本日より販売を開始します。
電子書籍への対応には、大日本印刷株式会社(以下 DNP)等が提供する「電子図書館サービス」(注1)と「GPRIME図書館ソリューション」を連携することで実現します。
なお、堺市立図書館において、本システムを活用した電子書籍の貸出サービスが2011年1月8日より開始されます。

DNPの「電子図書館サービス」は、出版社の書籍コンテンツのデジタル化、使用許諾、配信までを一括で提供するものです。本サービスを活用することで、図書館は、コンテンツの収集・著作権への対応の課題を解決することができます。このたび、「GPRIME図書館ソリューション」と「電子図書館サービス」が連携することで、一般書籍(紙媒体の書籍)と電子書籍の貸出と統合的な管理が可能となります。

「GPRIME図書館ソリューション」の電子書籍対応機能の価格は、120万円(税別)であり、今後3年間で約50の団体への提供を目指します。また、本機能のSaaS型での提供も可能です。

「GPRIME図書館ソリューション」での電子書籍の貸出サービスの流れは以下のとおりです。

  • 図書館の利用者は、図書館のホームページにおいて、借りたい本のタイトルを検索すると、一般書籍と電子書籍の両方が表示される。
  • 電子書籍の貸出予約ボタンをクリックすると、DNPの運営する「電子図書館サービス」へ接続し、利用者は、図書館のIDとパスワードを入力する。
  • IDとパスワードの認証後、利用者は電子書籍の閲覧が可能な専用のソフトウェアをパソコンにダウンロードすること(注2)で、電子書籍の閲覧が可能となる。
  • 貸出手続きを行った電子書籍は、貸出期間中はいつでも閲覧が可能で、返却期限になると自動的に閲覧できなくなる。利用者自身で期限前に返却手続きを行うことも可能。

昨今、電子書籍端末や電子書籍配信サービスが相次いで発表され、電子書籍への関心が高まっています。図書館においても電子書籍をテーマとしたイベントの開催や、電子書籍を活用した図書館サービスの実証実験など、電子書籍の貸出サービスを検討する動きが活発になってきています。しかしながら、図書館において電子書籍の貸出サービスを実現するには、電子書籍コンテンツの供給、著作者の権利に配慮した適切な利用管理に加え、一般書籍と電子書籍の一体的な管理・提供などを実現する新たな機能が図書館システムに必要となります。今回の「GPRIME図書館ソリューション」の機能強化は、こうしたニーズに応えるものです。

以上

(注1)

DNPと子会社のCHIグループ株式会社が2010年10月より、サービス提供を開始している。
CHIグループ株式会社は、本年2月1日、株式会社図書館流通センターと丸善株式会社が経営統合し、設立された。公共図書館向けには、株式会社図書館流通センターが、担当している。
大日本印刷株式会社:
 本社 東京都新宿区、社長 北島義俊
CHIグループ株式会社:
 本社 東京都新宿区、社長 小城武彦

(注2)

専用ソフトのダウンロードが必要となるのは、初回利用時のみ。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

「GPRIME図書館ソリューション」の詳細

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 公共ソリューション事業部第五ソリューション部 金沢
電話:03-3798-6228
Eメール: sw@fcs.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.