ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECとKDDIがRFID機能搭載携帯電話を活用したモバイルクラウド・サービス分野で提携

NECとKDDIで共同開発したRFID機能搭載携帯電話を活用したモバイルクラウド・サービス分野で提携 ~auインフラを利用したMVNOにより、垂直統合サービスを3月より提供開始~

2011年1月11日
日本電気株式会社
KDDI株式会社

NECとKDDIは、世界初の3周波数帯対応RFID機能を搭載した携帯電話端末と、この携帯電話を活用したモバイルクラウドサービス基盤の開発(注1)を共同で進めてきましたが、このたびKDDIのauインフラを利用して共同でサービスを展開する業務提携をいたしました。本サービスの提供開始は、平成23年3月となる予定です。

本サービスは、商品等に付けられたRFIDタグに携帯電話を「かざす」だけで、利用者が様々なアプリケーションサービスを簡単かつ安心・安全に受けられるモバイルクラウドサービスを実現し、外勤の多い営業要員の業務サポートや、様々な資産を点検する保守要員の業務サポートをはじめ、一般社員の日常業務のサポートをするソリューションサービスを提供するものです。

本業務提携に基づき、NECがサービス基盤の構築、運営、販売を担当し、昨年9月1日に設立した「モバイルクラウドサービス事業部門」を中心に事業推進をはかります。NECは、KDDIのネットワークをMVNOとして利用することにより、本サービス提供の中核となるRFIDサービス提供基盤「BitGate」(注2)に加え、RFID機能搭載携帯電話端末および通話機能などを含む3G回線をセットにし、一括した業務ソリューションをユーザに提供します。
KDDIは、NECとの提携によるRFID業務ソリューションの提供を通して、お客様に携帯電話とRFIDを連携させた新たな利用シーンを提案していきます。

NECとKDDIは、本サービスを「オープン・プラットフォーム」とすることで、様々なSaaSベンダーやアプリケーション開発ベンダーにも広く開放し、サービスアプリケーションのラインアップを拡充していきます。
また、今後両社は、次世代機の開発やグローバルを視野に向けたビジネスの推進を検討していきます。

以上

(注1)

プレスリリース「RFID機能を搭載した携帯電話によるクラウドサービスの実現について」

(注2)

詳細

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 通信・メディアサービスソリューション事業部
モバイルクラウドビジネス推進グループ
Eメール: mobile-cloud@bpg.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.