ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 電気自動車用急速充電器をクラウドで連携する通信規格の評価実験を開始

電気自動車用急速充電器をクラウドで連携する通信規格の評価実験を開始 ~充電システムの相互利用や遠隔運用保守を実現~

2011年1月27日
日本電気株式会社

NEC環境・エネルギーサイト「スマート・ネットワークプロジェクト」

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/environment/features/26/index.html

NECはこのたび、電気自動車(以下、EV)用急速充電サービスの利便性向上と運用性向上を目的として、NTTファシリティーズ、日産自動車、NTTドコモ、JX日鉱日石エネルギー、日本ユニシスなどの協力により、EV用急速充電器の利用者認証や遠隔運用などのクラウドサービスに関わる通信規格の評価実験を1月29日から順次開始します。

本実験では、横浜みなとみらい21地区の実験フィールド(通称 54街区)とNTTドコモ神奈川支店(横浜メディアタワー)、JX日鉱日石エネルギーの初山サービスステーション(川崎市宮前区)、およびNECの玉川事業場(川崎市中原区)に設置した急速充電器をネットワークで運用管理サーバと接続し、クラウド環境で運用を行います。この環境において、遠隔運用保守機能によるセルフサービス型充電システムの評価やEVでの充電スタンド情報の地図表示、クラウドサービス間の会員認証の連携、などの実験を行います。

本実験は、総務省から受託した「スマート・ネットワークプロジェクト」(注1、以下、SNP)の屋外実験チームである「EVサポートネットワーク」の「充電スタンドのネットワーク化」の活動として行うものです。EV用急速充電器は、電気自動車の普及を支えるインフラとして国内外で設置が進められています。しかし、現在は、利用者の認証や運用管理に関するクラウドサービスの通信規格が統一されていないため、異なる事業者が設置したEV用急速充電器の相互利用ができないなどの問題があります。NECはSNPでの活動を通して、EV用急速充電器を管理するクラウドサービスの通信規格の標準化を目指しています。


このたびの評価実験の内容は、以下の通りです。

  1. 急速充電システムの遠隔運用管理の評価
    複数メーカー(NECグループの高砂製作所、NTTファシリティーズ、日産自動車など)の急速充電器をネットワークで運用管理サーバに接続してコールセンターなどからの遠隔運用保守を行い、SNPで検討中の通信規格の実用性や汎用性に関する評価実験を実施。みなとみらい21地区の実験フィールドやJX日鉱日石エネルギーのサービスステーションに設置する一般利用者向け充電器の運用管理に加え、NTTドコモ神奈川支店に設置されている法人利用者と一般利用者が共用する充電器の運用管理に関する評価を行なう。

  2. クラウドサービス間の認証相互接続の評価
    NECが提供する充電クラウドサービスと、日本ユニシスが提供する充電クラウドサービスにおいて、それぞれが管理する会員認証の相互接続を実施。お互いのクラウドに繋がるEV用急速充電器の相互利用を実現するため、クラウド間の認証連携に関する通信規格の検証を実施。

  3. 充電器情報の管理・表示内容の評価
    クラウドで管理するEV用急速充電器の使用状況(満空情報)、充電終了時刻などのEV利用者への情報提供に関して、EVのカーナビ、携帯電話、PCなど様々なメディアへの情報提供を想定した通信規格の検証を実施。

NECは今後も、「スマート・ネットワークプロジェクト」の「EVサポートネットワーク」グループにおいて、充電インフラを支えるクラウドサービスに関する通信規格の標準化を進めてまいります。
また、電気自動車の利用促進に向けて、クラウドを活用した充電インフラ整備や効率的な車両運行管理のために、情報通信サービス基盤の整備・標準化を進めてまいります。

以上

注1:「スマート・ネットワークプロジェクト」

平成21年度第2次補正予算「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」の一環として、昨年6月に総務省で採択。低炭素社会の実現に寄与する通信規格の策定と検証が目的。今回の実証実験は、本プロジェクトの内、街中での電気自動車の活用を支える通信規格の標準化を目指す「EVサポートネットワーク」グループが推進。

参考:NEC環境・エネルギーサイト「スマート・ネットワークプロジェクト」

http://www.nec.co.jp/environment/features/26/index.html

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

お客様からの問い合わせ先

NEC 知的資産R&D企画本部 広報グループ
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.