ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 大型光海底ケーブルプロジェクト「Asia Submarine-cable Express」を受注

大型光海底ケーブルプロジェクト「Asia Submarine-cable Express」を受注

2011年1月31日
日本電気株式会社
富士通株式会社

日本電気株式会社(以下 NEC)と富士通株式会社(以下 富士通)は、日本とシンガポール、香港、フィリピン、マレーシアを結ぶ、総延長約7,200kmの大容量光海底ケーブルプロジェクト「Asia Submarine-cable Express (アジア・サブマリンケーブル・エキスプレス、以下 ASE)」を受注しました。

本プロジェクトは、NTTコミュニケーションズ株式会社(日本)、Philippine Long Distance Telephone Company(フィリピン・ロング・ディスタンス・テレフォン・カンパニー、フィリピン)、StarHub Limited(スターハブ・リミティッド、シンガポール)、Telekom Malaysia Berhad(テレコム・マレーシア・ブルハド、マレーシア)より受注したものです。

ASEは毎秒40Gbps(ギガビット)の光波長多重方式に対応しており、最大容量は15Tbps(テラビット)を超えるシステムです。

本プロジェクトはNEC/富士通が共同で実行し、システムを構成する海底機器(海底中継装置、OADM分岐装置ならびに海底ケーブル)と海底機器監視装置、海底機器への給電装置はNECが、陸上機器の通信用端局装置とネットワーク監視装置は富士通が、それぞれ製造及び敷設・設置工事を担当する予定です。

アジアの経済成長を背景に、アジア域内、及びアジア域外への通信需要は急速に高まっています。ASEはこうした市場ニーズに応えるため、本プロジェクトによりアジア域内の通信容量を大幅に拡充します。

ASEのルート図はPDF別紙をご参照ください。

以上

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 海洋システム事業部
電話:03-3456-5916

富士通株式会社 ネットワークプロダクト事業本部 海底事業部
電話:044-754-3866

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.