ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 臨場感溢れる音と映像が楽しめる「LaVie L」など、個人向けPCのラインアップを一新

YAMAHAサウンドシステムや3D表示機能をノートPCにも搭載、
臨場感溢れる音と映像が楽しめる「LaVie L」など、個人向けPCのラインアップを一新 ~モバイルノート「LaVie M」には、テンキーやDVDドライブを内蔵し、利便性を向上~

2011年2月1日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

LaVie L(LL970/DS)

LaVie L(LL970/DS)

LaVie M(LM750/DS6R)

LaVie M(LM750/DS6R)

新商品に関する情報

新商品に関する情報(121ware) 新しいウィンドウを開きます。http://121ware.com/catalog/

NEC Directでの販売 新しいウィンドウを開きます。http://www.necdirect.jp/

NECならびにNECパーソナルプロダクツはこのたび、個人向けパソコン「VALUESTAR」「LaVie」シリーズ7タイプ51モデルを商品化し、本年2月3日より順次発売いたします。

新商品では、新入学や就職をはじめとした春の新生活に向け、NECの従来からの取り組みである「パソコンを“安心”“簡単”“快適”に利用できる環境の提供」を目的に利便性や使いやすさなどの向上を行いました。

新商品の主な強化ポイントは以下のとおりです。

  • 臨場感溢れる音と映像が楽しめるスタイリッシュノート「LaVie L」(注1)
    デスクトップPCのみで実現していたYAMAHAサウンドシステムと3D表示機能を新たに搭載し、音楽や動画をより快適に楽しめる環境を実現。
    また、液晶TVやプリンタ、デジタルカメラといった家電機器と映像や画像などのデータをワイヤレスでやりとりできる先進機能に対応し、利便性を向上。

  • モバイル用途でもスタンダードノートと同等の利用環境を実現した「LaVie M」
    従来機と同様に可搬性の高いコンパクト筐体を維持しながら、テンキー付アイソレーションキーボードやDVDドライブを新たに搭載し、モバイル用途でもスタンダードノートと同様な使い勝手で利用できる環境を提供。

  • 最新CPUの採用やAV機能などの強化
    処理速度とグラフィック性能が向上したインテル最新CPU「第2世代 インテル(R) Core(TM) プロセッサ・ファミリー」(注2)を4タイプ21モデルで採用。
    また、新商品全体でTV機能やビデオカメラとの連携機能、ユーザデータのバックアップ機能を強化し、使いやすさと利便性を向上。

新商品の主な特長は以下の通りです。

  1. 臨場感溢れる音と映像が楽しめるスタイリッシュノート「LaVie L」(注1)
    「LaVie L」では、YAMAHAサウンドシステムや3D表示機能を新たに搭載しながら筐体の薄型化(約36.2mm、従来機・約40.5mm)を実現。
    さらに、本体天面とパームレストには、ドット柄にフィルム加工を施し透明感を演出。加えて、本体天面には擦り傷がつきにくい「スクラッチリペア」(注3)も採用。
    キーボードには各キーキャップの表面にクリア層を施し透明感を付加した「クリスタライズキー(TM)」を採用。クリア層がキーも保護するため、「スクラッチリペア」と合わせて、本体の透明感をより長く保つことが可能。
    また、以下の強化により音や映像を楽しむ際の快適性や利便性を向上。
    • 高音質なYAMAHAサウンドをノートPCで実現
      一体型PC「VALUESTAR N」で採用していた新低音再生技術「FR-Port(エフアール・ポート)」(注4)の小型化を実現。さらに、筐体の限られたスペースで最良の音質を実現するため、スピーカやその他部品の配置などを工夫し、ノートPCでも迫力あるリアルなサウンドを再現。
    • 偏光板方式の3D立体表示に対応(「LL970/DS」「LL770/DS」)
      ワイヤレスTV機能搭載の上位モデルでは、3Dデジタル放送やブルーレイ3D(TM)タイトル、3D対応カメラ(注5)で撮影した動画や写真を、YAMAHAサウンドシステムとともに臨場感溢れる音と映像で楽しむことが可能。
      また、2Dのデジタルカメラで撮影した写真から3D画像を作成することや、HDMIで接続した3D対応の大画面液晶TVで3D映像を楽しむことも可能。
    • AV機器や家電機器と映像や画像をワイヤレスでやりとりできる機能に対応
      PC本体に直接ケーブルを接続せずに、PCの映像を大画面液晶TVに表示できる「インテル(R) ワイヤレス・ディスプレイ」(注6)に対応。
      さらに、PC本体が無線LANのアクセスポイント機能も兼ねて、Wi-Fi対応のプリンタやデジタルカメラ(注7)などを直接ワイヤレス接続できる「インテル(R) My WiFiテクノロジー」にも対応し、利便性を向上。
    • 最新CPUと大容量メモリを搭載し快適な操作環境を提供
      上位モデルの「LL970/DS」「LL850/DS」では、「第2世代 インテル(R) Core(TM) i7-2620M プロセッサー」と8GBのメモリを搭載し、写真や動画の編集など大容量データの高速処理が求められる作業もより快適に行うことが可能

  2. モバイル用途でもスタンダードノートと同等の利用環境を提供する「LaVie M」
    従来機と同様に可搬性の高いコンパクト筐体(注8)を維持しながら、テンキーも装備した使いやすいアイソレーションキーボード(注9)と、DVDスーパーマルチドライブを新たに搭載。モバイル用途においてもスタンダードノートと同等の利用環境の提供を目的に使いやすさを向上。
    本体は「シャープ&コンパクト」のデザインコンセプトに沿って、直線的で無駄のないフォルムを採用。さらに、天面にはパール粒子が煌めく光沢感を演出し、外出先への持ち運びやカバンへの収納時に、擦り傷がつきにくい「スクラッチリペア」(注3)を採用。これにより、新デザインの光沢感をより長く保持できるよう配慮。
    また、最上位モデル「LM750/DS」では、CPUに「インテル(R) Core(TM) i7-660UMプロセッサー 超低電圧版」を採用し、約10時間のバッテリ駆動を実現。
    加えて、長期の外出などACアダプタを携帯する用途に向けてACアダプタの体積および質量を従来に比べて約3割小型軽量化(注10)するなど、モバイル利用時の利便性を向上。

  3. 最新CPUの採用やAV機能などを強化
    • インテル最新CPUを4タイプ21モデルで採用
      ハイビジョン映像の編集や再生など高負荷な作業も快適に行えるよう処理速度とグラフィック性能が大幅に向上したインテルの最新CPUを新商品51モデル中21モデルに搭載。
      「LaVie L」(10モデル)、「VALUESTAR W」(5モデル)、「VALUESTAR N」(4モデル)、「VALUESTAR L」(2モデル)にラインアップ。
    • TV機能の強化
      省スペース一体型「VALUESTAR N」(注11)では、新たにデジタル放送
      3波(地上デジタル/BS・110度CSデジタル)のダブル録画機能と、NTTのフレッツ光回線を利用した映像配信サービス「ひかりTV」(注12)に対応。
      また、TV機能搭載モデル全般(注13)で、約10倍のハイビジョン長時間録画(注14)機能や、録画番組の視聴に便利な「見たいとこ再生」機能を新たに搭載。
    • デジタルビデオカメラで撮影した映像の簡単保存機能を搭載
      AVCHD形式のハイビジョン映像をビデオカメラから簡単にブルーレイディスクへ保存できる機能を新たに搭載。(注15)
      パソコンとビデオカメラを接続後(注16)、ユーザは、画面に表示されるメニューからディスクへの直接書き込みを選択し、起動したソフトの実行ボタンを押すだけでブルーレイディスクへの保存を自動実行。
      従来は、ビデオカメラからPCへの映像の取り込みが終了するまで待機して、その後ブルーレイへの書き込みソフトを操作する必要があり、これにより使いやすさを向上。(注17)
    • 「おてがるバックアップ」の搭載(注18)
      大切な個人データやパソコン環境を丸ごとバックアップできる「おてがるバックアップ」を新たに搭載。
      本ソフトを起動後、ワンクリックで簡単にバックアップを実行することができる「ワンクリックバックアップ」と自動バックアップのスケジュールやデータの圧縮をなど任意の設定ができる「こだわりバックアップ」を用意。ユーザの好みに応じてバックアップ環境を構築することが可能。
    • 「USB Duet(R)」(USBデュエット)機能を強化(LaVie Light)
      ネットブック「LaVie Light」では、家庭内の他のPCとUSBケーブルで接続するだけで手軽にデータの受け渡しができる「USB Duet(R)」機能を強化。
      接続したパソコンのDVDドライブやブルーレイディスクドライブからソフトウエアのインストールやCDの音楽再生/取り込みができる機能を追加することで、ネットブックの利便性を向上。(注19)

なお、PCショッピングサイト「NEC Direct」では、パソコン本体へアンテナケーブルを接続せずにデジタル放送を楽しむことができるワイヤレスTVデジタル(注20)を「VALUESTAR G タイプN」「LaVie G タイプL、タイプS、タイプM」に用意し、OSやアプリケーションの起動時間の高速化に貢献するSSDとHDDハイブリッド構成(注21)を「VALUESTAR G タイプW、タイプL」「LaVie G タイプL、タイプM」に用意。さらに、「LaVie G タイプL」15.6型ワイドフルHD液晶構成には、4色のカラーバリエーションを選択可能(注22)にするなど(従来は1色のみ)、幅広いメニューを用意。

また、このたびの個人向けPC新商品(注23)において、購入者を対象に「オンライン自動バックアップサービス(データ復旧サービス月額版付き)優待パック」を用意。月額630円(税込)を加入月および加入翌月から3か月間無料で提供。さらに、古いパソコンからのデータの引越し作業を、電話またはリモートサポートにより無償で支援。なお、本優待パックは、先着10,000名限定とし、申し込み期限は2011年5月31日。

新商品のラインアップ、主な仕様、発売日等については別紙をご参照ください。

以上

(注1)

YAMAHAサウンドシステム塔載モデル:LL370/DSを除くLaVie Lシリーズ。
3D表示機能搭載モデル:LL970/DS、LL770/DS。

(注2)

Intel、インテル、Intel Coreはアメリカ合衆国およびその他の国におけるIntelCorporationの商標です。

(注3)

回復できないすり傷もあります。また周囲の温度環境やすり傷の深さなどにより復元する時間は変化します。

(注4)

「FR-Port(エフアール・ポート)」はヤマハ株式会社が特許申請中です。

(注5)

3D対応カメラは、富士フイルム株式会社「FinePix REAL 3D W1」「FinePix REAL 3D W3」となります。

(注6)

パソコン本体の映像に比べ1秒弱の表示遅延があります。著作権保護の方式により表示できない動画コンテンツがあります。高画質の映像によってはカクついて見える場合があります。別売のインテル(R) ワイヤレス・ディスプレイ用アダプタが必要です。

(注7)

Wi-Fi機器によっては接続できない場合があります。

(注8)

新商品は、筐体サイズ:330(W)×223(D)×30.5(H)mm)、質量:約1.86kg(LM570/DSは1.88kg)。
従来機は、2010年9月13日発表のLaVie Mシリーズ(LM550/CS)の場合で、330(W)×220(D)×27.0~30.5(H)mm)、質量:約1.80kg。

(注9)

各キーとの間にわずかなすき間しかない形態のキーボードに対して、隣のキーとの間隔を空けて各キーが独立した配列となっている形態のキーボード。

(注10)

2010年9月13日発表のLaVie Mシリーズ(LM550/CS)との比較。

(注11)

VN370/DSを除く。

(注12)

「ひかりTV」の利用には、(株)NTTぷらら、(株)アイキャストとの契約およびNTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線の契約が必要となります。本モデルでは、視聴できないチャンネル/ビデオ作品があります。「ひかりTV」のサービスは録画できません。地上デジタル放送のIP再送信サービスはご覧頂けません。
その他詳細は、NTTぷらら「ひかりTV」ホームページhttp://www.hikaritv.netをご確認ください。

(注13)

LL970/DS、LL770/DS、LM570/DS、VALUESTAR W、VN790/DS、VN770/DSが対象。
VN370/DS、LL370/DSは除く。

(注14)

約10倍はダイレクトモード比。約10倍の長時間録画が可能なのは、BS・110度CSデジタル放送の場合。地上デジタル放送は約7倍録画となります。最大解像度は、1280×1080となります。

(注15)

ブルーレイディスクドライブ搭載モデル(LL970/DS、LL770/DS、LL850/DS、LL750/DS、LS550/DS、VALUESTAR W、VN790/DS、VN770/DS、VL750/DS)が対象。

(注16)

パソコンにビデオカメラをUSBケーブルで接続、またはSDメモリカードをメモリカードスロットに挿入した場合。

(注17)

すべてのビデオカメラ/デジタルカメラとの相互接続性を保証するものではありません。

(注18)

LaVie Lightは非搭載。

(注19)

ディスクへの書き込み、DVD-Videoやブルーレイディスクなどからの動画再生はサポートしていません。
他のパソコンとの接続には別売のUSBケーブル[A:Mini-B(5ピン)タイプ]が必要です。動作確認済み機器情報についてはhttp://121ware.com/catalog/taioukiki/をご覧ください。

(注20)

アンテナケーブルは、標準添付のワイヤレスTVデジタルユニットに接続します。

(注21)

OSを格納したSSDと大容量HDDを併せて搭載。

(注22)

3D対応液晶を選択の場合を除きます。

(注23)

LaVie Lightなど一部機種を除く。対象商品および、サービス詳細は、http://121ware.com/dataansin/をご覧下さい。

*

記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

新商品に関する情報

新商品に関する情報(121ware)
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://121ware.com/catalog/

NEC Directでの販売
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.necdirect.jp/

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 121コンタクトセンター
電話番号 フリーコール 0120-977-121(コール後「3」窓口を選択)
受付時間 9:00~17:00(年中無休)
※携帯電話、PHSまたはIP電話などフリーコールをご利用いただけない場合は、03-6670-6000(通話料お客様負担)

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.