ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 海外向け超小型マイクロ波通信システム「iPASOLINK 1000」を発売

海外向け超小型マイクロ波通信システム「iPASOLINK 1000」を発売 ~iPASOLINKシリーズ第3弾「メトロ領域」向け新製品~

2011年2月10日
日本電気株式会社

NECはこのたび、海外向け超小型マイクロ波通信システム「iPASOLINK(アイパソリンク)」シリーズの第3弾として、モバイルバックホール(注1)の「メトロ領域」向け製品「iPASOLINK(アイパソリンク) 1000」の販売活動を開始しました。

iPASOLINKシリーズは、NECの持つ無線・光・IPの各技術を結集した製品群であり、ネットワークのアーキテクチャや伝送容量など、各種要件に柔軟に対応する新型プラットフォームの採用により、2G、3G、LTEのネットワークを一元的にサポートします。
NECは、昨年9月に「アクセス領域」向け製品を、本年1月に「アグリゲーション領域」向け製品の販売を開始しており、今回の新製品投入によりiPASOLINKシリーズ全ラインアップの提供が可能となりました。

iPASOLINK 1000の主な特長は以下の通りです。

  1. 光回線を用いた高速・大容量の通信に対応
    • メトロ領域に求められる高速・大容量のパケットデータ転送を実現するため、従来製品で提供している無線機能に加え、光回線を用いた高速伝送技術であるCWDM(注2)や、10ギガビット・イーサーネットに対応。これにより、無線では取り扱えない大容量のパケットデータを、光回線を通じて効率的にモバイルコアネットワークへ転送することが可能。
    • ネットワーク障害時に高速な経路切り替えを行うイーサーネットプロテクション機能や、イーサーネット回線の保守管理を行うイーサーネットOAM(Operation, Administration & Maintenance)機能により、信頼性の高いデータ転送を実現。

  2. 大規模なアグリゲーション領域への適用も可能
    アクセス領域から転送された無線回線を複数回線収容できる「多分岐機能」を搭載しており、大規模なアグリゲーション領域への適用が可能。

なお、NECは既に一部主要オペレータからiPASOLINK 1000を受注しており、本年3月からの出荷開始を予定しています。

また、iPASOLINK 1000の発売にあわせて、ネットワーク管理システム「MS5000」の機能を強化しました。今回の機能強化により管理対象を大幅に拡大し、従来のPASOLINKシリーズに加えて、iPASOLINKシリーズなどモバイルバックホールを構成する機器全体を一元的に管理することが可能になりました。

LTEやWiMAXなどの新たなワイヤレスブロードバンドサービスの開始により、急増するモバイルデータトラフィックを支えるインフラとして、モバイルバックホールの重要性はますます高まっています。一方、通信事業者にとっては、保有する既存ネットワークを次世代ネットワークへ低コストでスムーズに移行させ、ネットワークの運用コストをいかに削減するかが課題となっています。
iPASOLINKシリーズ及びMS5000はこうした通信事業者のニーズに応えるものです。

NECは今後も、高度な無線伝送技術と、高品質かつ高効率なものづくりを活かし、キャリアネットワーク事業をさらに拡大してまいります。

PASOLINKビジネスについて

NECは、1980年代前半よりPASOLINKのビジネスを開始しました。携帯電話市場の急速な成長に伴って、基地局間を結ぶ通信システムとして採用が広がり、これまでに145ヶ国に累計152万台出荷しています。(2010年12月時点)
http://www.nec.com/global/prod/nw/pasolink/
http://www.nec.co.jp/ad/onlinetv/ja/business/pasolink_l.html

iPASOLINKシリーズの適用領域については、別紙をご参照ください。

以上

(注1)

モバイルバックホールとは、モバイル端末からのトラフィックをモバイルコアネットワークへ転送するネットワークであり、「アクセス」、「アグリゲーション」、「メトロ」の3つの領域に分かれています。アクセス領域は、モバイル基地局およびそれらを収容する装置から構成されます。アグリゲーション領域は、アクセス領域に点在する装置から転送された無線回線を束ねる役割を担っています。アグリゲーション領域で集約された大容量モバイルデータトラフィックは、メトロ領域を通じてモバイルコアネットワークへ転送されます。

(注2)

Coarse Wavelength Division Multiplexingの略。光ファイバーの中を複数の異なる波長(光信号)を多重して伝送する技術。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.