ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 世界初、非接触型で指紋認証と指静脈認証を同時に行なう「非接触型指ハイブリッドスキャナ」を発売

世界初、非接触型で指紋認証と指静脈認証を同時に行なう
「非接触型指ハイブリッドスキャナ」を発売 ~2つの生体認証を組み合わせ、セキュリティを一層向上~

2011年2月24日
日本電気株式会社

「非接触型指ハイブリッドスキャナ HS100-10」

「非接触型指ハイブリッドスキャナ HS100-10」

<「HS100-10」の詳細>

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/pid/hs/index.html

NECは世界で初めて、非接触で指紋認証と指静脈認証を同時に行なう装置「非接触型指ハイブリッドスキャナ HS100-10」(以下「HS100-10」)を製品化し、日本市場および北米・アジア各国などで本日より販売を開始します。出荷開始は4月25日からとなります。

「HS100-10」は、指をかざすだけの簡単な操作で指紋情報と指静脈情報を同時に読み取ることができ、世界最高水準のNEC独自認証アルゴリズムで確実な個人認証を行う装置です。読み取り部分に直接触れずに認証する非接触型であり、従来の指紋認証装置では読み取りづらかった乾燥している指や多汗な指でも確実な認証が可能です。

NECは、米国国立標準技術研究所(NIST、注1)が実施する指紋認証や顔認証の精度評価において様々な分野で1位を獲得するなど、世界最高レベルの独自認証アルゴリズムを有しており、多数の製品納入実績があります。「HS100-10」は、こうした技術や実績に基づくノウハウを基に開発したものです。

「HS100-10」は、海外の安全規格(注2)や電磁環境への適合に関するEMC規格(注3)に対応しており、グローバルに拡販することで、今後3年間で40万台の販売を目指しています。「HS100-10」はオープン価格となります。

昨今、企業や官公庁などにおいて、より厳密な個人認証管理や内部統制が求められる中、指紋認証は確実性・安全性の高い方式として、既に幅広い用途で活用されていますが、今回、新たにNEC独自開発の指静脈認証も組み合わせることで、バイオメトリクス認証をさらに快適に利用できる環境を整えるとともに、「なりすまし」の回避など厳密性をより高めることができます。

「HS100-10」の特長は以下の通りです。

  1. 指を置くだけで、指紋情報と指静脈情報を同時に読み取り、確実な認証を行うことができる世界初(注4)の指ハイブリッドスキャナ
    世界最高水準の高精度な指紋認証と顔認証技術を応用し、「指静脈認証技術」を独自に開発。すでに豊富な利用実績を誇る指紋認証と組み合わせて高精度認証を実現。指紋情報と指静脈情報を両方利用するため、従来製品と比較して「なりすまし」が困難。
  2. 身体状態に左右されず快適に認証可能
    乾燥している指や多汗な指は指紋が読み取りにくいという、従来の指紋認証装置の課題を克服。指の状態に左右されることなく、快適に高精度認証が可能となった。
  3. 多様な運用形態
    「HS100-10」はUSBインターフェースでパソコンに接続し、スタンドアロン環境やActive Directory(R)(注5)環境でOSログオンやスクリーンセーバのロックの解除を行うことができる。
  4. シングルサインオンソフトウェアなど様々なパッケージ製品等と連携可能
    NEC製統合ID・アクセス管理「SECUREMASTER」をはじめ、世界で多くの導入実績を持つIBM社製シングルサインオンソフトウェア「Tivoli(R) Access Manager for Enterprise Single Sign-On」やNovell社製品シングルサインオンソフトウェア「Novell SecureLogin」と連携し、ID・アクセス管理と生体情報を組み合わせた運用が可能。氾濫するユーザID・パスワードに悩むユーザの課題を解決する。
    また、各種業務パッケージ製品やユーザ業務アプリケーションで「HS100-10」をご利用頂く為の開発用API(指ハイブリッド認証開発ライブラリ)を提供。
    NEC製電子カルテシステム「MegaOakHR」などの各種業務パッケージとの連携ソリューションを順次リリース予定。

NECは今後も、高度なバイオメトリクス認証技術を用いた製品・サービスの開発・販売を推進し、安心・安全な社会創りに貢献していきます。

尚、本製品は「リテールテックJAPAN 2011」(3/8-11 東京ビックサイト)及び「セキュリティショー2011」(3/8-11 東京ビックサイト)に展示します。

以上

(注1)

NIST:National Institute of Standards and Technology

(注2)

海外規格
・UL:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.)
・CSA:カナダ規格協会(Canadian Standards Association)

(注3)

EMC規格:いかなるものに対しても機器などの動作を妨害するような電磁妨害波を与えず、かつ、電磁環境の妨害に耐えて満足に機能するための装置の能力
・VCCI:情報処理装置等電波障害自主規制(Voluntary Control for Information Technology Equipment)
・BSMI:台湾経済部標準試験局(The Bureau of Standards,Metrology and Inspection Ministry of Economic Affairs)
・CE:欧州共同体閣僚理事会からの指令(EC指令)が示す安全規制

(注4)

2011年2月当社調べ

(注5)

マイクロソフト(株)によって開発されたネットワークリソース管理を効率的かつ、効果的に行うためのディレクトリ・サービス・システム

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

「HS100-10」の詳細

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 第二官公ソリューション事業部 応用プロダクト事業グループ
電話:03-3798-6107
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/pid/
Eメール: contact-hf@gsd.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.