ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 流通業者の顧客戦略を支援するクラウドサービス「NeoSarf/CRM」の発売

流通業者の顧客戦略を支援するクラウドサービス「NeoSarf/CRM」の発売

2011年2月25日
日本電気株式会社

NECは、流通業者がその顧客を維持・拡大するためのマーケティングツールとして、会員向けのポイントサービス機能や会員管理機能・顧客情報分析機能・プロモーション管理機能をクラウドサービスで提供する「NeoSarf/CRM(ネオサーフ/シーアールエム)」を本日より販売開始します。サービスの提供開始は、本年9月からです。
なお、ドラッグストアチェーン業界大手のスギホールディングス株式会社(本社:愛知県安城市、代表取締役会長 兼 CEO 杉浦 広一)が本サービスの導入を決定しました。

「NeoSarf/CRM」は、1)会員情報の登録や変更、会員に対してポイントの付与・利用を提供する“会員管理・ポイントサービス機能”、2)顧客の購買傾向や購買層などを分析する“顧客情報分析機能”、3)クーポン付きレシートなどのキャンペーンを管理する“会員プロモーション管理機能”をクラウドサービスで提供します。これにより、利用企業は個別にシステムを構築することなく、短期間かつ低コストで顧客戦略のためのマーケティングツールを利用することが可能となります。

「NeoSarf/CRM」のサービスの利用料金は、月額150万円(税別、注1)からです。これまで大規模な顧客管理システム構築の場合と比べ、システム導入・運用等にかかるコスト(TCO)を5年間で最大約30%低減することが可能と試算しています。
NECは「NeoSarf/CRM」を今後3年間で50社(1万店規模)への販売を目指しています。

昨今、流通業界においては、消費低迷などによりさらなるコスト削減や、慢性的な従業員不足に対応するための業務効率化が重要視されています。また、チェーン店化や同業者による合併、さらには異業種との協業など、事業環境の変化への迅速な対応も必要となっています。この様な背景を受け、NECはこのたびのクラウドサービスを開発し、ITコストの最適化によるTCOの削減や、最新アプリケーションの迅速な導入を実現します。

「NeoSarf/CRM」の特長は以下のとおりです。

  1. 顧客との関係を維持・深耕させる充実した機能
    1. 会員管理・ポイントサービス機能:
      会員情報管理機能を装備し、購買金額に応じた会員ランクの設定や、会員ランクごとの管理も可能。また、会員別ポイントや誕生日ポイントなど様々なポイントサービスを提供可能。ポイントサービスでは、リアルタイムの処理を実現しているので、ポイント発行だけでなく、即時のポイント利用も可能とし、利便性の高いサービスの提供が可能。
    2. 顧客情報分析機能:
      購買頻度・購買金額や会員属性を活用した商品購買分析など、購買データをベースとした多彩な顧客情報分析サービスが利用可能。
    3. 会員プロモーション管理機能:
      POSでのレシートクーポンの発行や、メルマガなどによるキャンペーン情報の発信など、様々なチャネル(店舗、WEB、携帯など)による販促サービスとの連携が可能。店舗での購買頻度が高い顧客に対し、WEBショップへの誘導を図るなどの販促を実現。

  2. 標準インターフェースによる既存のシステムとの柔軟な連携
    既存システムとデータ連携を行うインターフェースを標準的な通信プロトコルで提供(注2)。これにより、既存のPOSシステム、売上管理機能や、WEBサイト(会員向けサイト、ECなど)、キオスク端末など様々なシステムとの連携も容易に実現。

  3. NECの高セキュリティクラウドサービス基盤を活用
    「NeoSarf/CRM」はNECのクラウドサービス基盤「RIACUBE-V(リアキューブ ブイ)」(注3)上から提供。本基盤の活用により、「NeoSarf/CRM」を高セキュリティ下で、安全・快適に提供。また、店舗の拡大・会員数の増大など企業の成長に合わせ、柔軟で迅速なシステム拡張や大規模運用が可能であり、企業でのサーバなどのIT資産管理の運用負荷の低減に貢献。

NECは、2009年10月に百貨店や大手通販事業者向けにECシステムをクラウドサービスで提供する「NeoSarf/EC」を発表しています(注4)。今回の「NeoSarf/CRM」は、流通業の企業成長を支えるクラウドサービス「NeoSarf」の第二弾のメニューとなります。

昨今、ネットワークの進展に加え、仮想化やセキュリティ関連の技術が進歩することで、既存のIT資産に制約されることのない柔軟なITの利用が可能となっています。一方、企業においては、IT投資の平準化やシステムのTCO削減のニーズが強まっており、IT資産を所有するのではなくネットワークを介して必要な機能を必要な分だけ利用するというクラウド指向のサービスに対する関心が高まっています。
NECは、「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」を始めとするサービス事業を進めています。このたびのシステムもこうした活動の一環であり、一層のサービスメニューの拡充と事業強化を図っていきます。

なお、NECは「NeoSarf/CRM」を、本年3月8日(火)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催予定の「リテールテック Japan 2011」に出展予定です。(http://www.retailtech.jp

「NeoSarf/CRM」の概要は、別紙をご参照ください。

以上

(注1)

1社20店舗で、顧客管理・ポイントサービスを利用する場合。初期導入費用は含まない。

(注2)

SSLによる暗号化通信機能を付加したHTTPによる通信。

(注3) (注4)

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 流通・サービス業サービスソリューション事業部
電話:03-3456-6175
Eメール: info@neosarf.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.