ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ハンディータイプの電子マネー決済端末を販売開始

ハンディータイプの電子マネー決済端末を販売開始 ~NFCに対応し、グローバルに展開~

2011年3月7日
日本電気株式会社

「マルチサービスターミナル(R)/ハンディー」

「マルチサービスターミナル(R)/ハンディー」

NECは、様々な場所での決済を可能にするハンディータイプの電子マネー決済端末「マルチサービスターミナル(R)/ハンディー」を製品化し、本日より販売を開始します。

新製品は、複数の電子マネー決済とクレジットカード決済が一台の端末上で可能な、ハンディータイプの決済端末です。非接触ICカードの次世代国際標準規格であるNFC(注1)に対応しており、NECは本端末をグローバルに拡販していきます。

現在日本では、電子マネーで使用される非接触ICカードの通信規格として、FeliCa(TM)が主流となっています。これに対し海外では、多くの地域でISO 14443 Type A、Type Bの2つの規格が普及しています。
新製品はこの3つの規格に対応したNFCのリーダライタを搭載しており、FeliCa(TM)方式の電子マネーに加え「MasterCard(R) PayPass(TM)(注2)」や「Visa payWave(注3)」など、海外で使用されている電子マネーへの対応が可能となります。

昨今、国内市場においては、流通小売業や外食、またイベント会場などにおいて、これまで以上に手軽に電子マネー決済を提供したいというニーズが高まっています。NECは、様々な場所での決済を可能にする本製品の特長を活かし、これらのニーズに対応していきます。また、Type A、Type B方式での電子マネーの利用が進みつつある海外の市場も開拓してまいります。

新製品の特長は以下のとおりです。

  1. 様々な場所での電子マネー決済を実現
    バッテリー、携帯通信モジュール及び小型プリンタを内蔵したハンディータイプの決済端末のため、端末を容易に持ち運ぶ事ができ、飲食店のテーブルやイベント会場、臨時売場設置の際など、据え置きタイプの決済端末では使用が難しかった様々な場所での電子マネー決済を実現。

  2. NFCに対応
    FeliCa(TM)に加え、海外で主流のType AやType Bのカードにも対応。

  3. 複数の電子マネーに対応
    国内では、大手コンビニエンスストアやレンタルビデオ店、家電量販店などで利用されているNECのマーケティング&ペイメント基盤サービス「MaPS」(注4)用端末として、複数の電子マネーに1台で対応。

  4. クレジットカード決済に対応
    磁気カードリーダの搭載により、非接触ICカード決済だけでなく、磁気クレジットカードの決済にも対応。

本製品の出荷開始時期は、本年9月を予定しており、NECは、2013年度末までに国内外合わせて、累計5万台の販売を目指します。

なおNECは、新製品を本年3月8日~11日まで東京ビッグサイトで開催される「リテールテック JAPAN 2011」に出展します。

以上

(注1) NFC

次世代の近距離無線通信規格「Near Field Communication(NFC)」

(注2) MasterCard(R) PayPass(TM)

MasterCard(R)が運営する非接触IC決済サービス

(注3) Visa payWave

Visaが運営する非接触IC決済サービス

(注4) MaPS

NECの電子決済プラットフォーム「Marketing & Payment Platform Service(MaPS)」

*

文中に表記されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ユビキタス事業推進部
電話:03-6436-3401
Eメール: info@imap.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.