ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 火災現場におけるテラヘルツカメラの有効性を示す実証実験に成功

火災現場におけるテラヘルツカメラの有効性を示す実証実験に成功 ~テラヘルツ波の活用により、黒煙を透過して撮像できることを実証~

2011年3月8日
日本電気株式会社

NECはこのたび、国立大学法人東京大学(小宮山進教授)と独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の協力のもと、火災環境下において、テラヘルツ波(注1)による画像計測技術が、可視光および赤外線による計測技術に比べて優位性があることを実証しました。
本実証実験は、当社とNICTが共同開発した「高感度実時間非冷却テラヘルツカメラ」を用いて行われ、テラヘルツ波を活用した画像計測技術によって、模擬火災現場の黒煙を透過して画像を撮影できることを確認しました。
なお、今回の成果の一部は、NICTの委託研究「ICTによる安全・安心を実現するためのテラヘルツ波技術の研究開発」によるものです。

テラヘルツ波は、赤外線と電波の中間に位置する電磁波で、計測や通信等における新たな利用技術の研究が進められています。テラヘルツ波は紙・プラスティック・繊維・煙などを透過し、またテラヘルツ波を用いた画像計測はX線よりも安全であると考えられているため、次世代の非破壊検査技術として注目されています。

黒煙が発生する火災現場では、目視による視認性が低下するため、煙を透過して現場の状況を把握できる撮像技術の実用化が強く求められています。テラヘルツ波はこうしたニーズに応える技術と考えられていますが、一方で大気に吸収されやすいという特性を持ち、実際の火災現場における有効性の検証が課題となっていました。

NECは、2008年4月に高感度のボロメータ(注2)型非冷却2次元テラヘルツアレイセンサ(注3)を開発して以来、高感度実時間非冷却テラヘルツカメラの開発や、テラヘルツアレイセンサの感度向上に取り組んできました。
NECは今後、今回の成果を活用してテラヘルツ画像計測装置の開発・製品化を進め、非破壊検査、医療・創薬、違法物検知等の分野で貢献してまいります。

今回の実証実験の概要はPDF別紙をご参照ください。

なお、NECは、2011年3月8日から11日に東京ビックサイト(東京国際展示場)で開催される「SECURITY SHOW 2011」の弊社出展ブースにて、テラヘルツカメラを展示する予定です。

以上

(注1)

0.1THz~10THzの周波数帯の電磁波。その波長は3mm~30μmであって電波と光の境界に位置する。

(注2)

ボロメータとは、温度に応じて素材の電気抵抗が変化する方式。

(注3)

2次元アレイセンサとは、感度を有する微小検出器を行方向と列方向に2次元に配列したもの。身近な例として、デジタルカメラに入っているCCD(Charge Coupled Device)がある。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 誘導光電事業部 小田
電話:042-333-1150
Eメール: window@geo.fc.nec.co.jp

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.