ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 世界初、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応したネットワーク製品を販売開始

世界初、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応したネットワーク製品を販売開始 ~最適な通信経路を自由に設定し、高品質で安定したサービスを実現~
~日本通運が業務システムに導入決定~

2011年3月9日
日本電気株式会社

プログラマブルフロー・コントローラ「UNIVERGE PF6800」

プログラマブルフロー・コントローラ「UNIVERGE PF6800」

プログラマブルフロー・スイッチ「UNIVERGE PF5240」

プログラマブルフロー・スイッチ「UNIVERGE PF5240」

新製品に関する情報

プログラマブルフロー情報発信サイト 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/univerge/

NECはこのたび、世界で初めて(注1)、新ネットワーク制御技術「OpenFlow(注2)」に対応したネットワーク製品「UNIVERGE PFシリーズ(プログラマブルフロー)」を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。当製品は、これまで当社が「プログラマブルフロー」として研究開発し、多くの実証実験の成果を活かして、企業やデータセンター事業者向けに商用化したものです。

OpenFlowは、スタンフォード大学を中心としたコンソーシアムが規定するネットワークに関する技術とオープンなインタフェース仕様の総称です。様々な通信プロトコル(規約)の制約から解放され、最適なネットワークを自由に構築できる次世代のネットワーク制御技術として注目されています。

現在のネットワークでは、映像や音声データはあらかじめ決められた通信経路でやりとりされますが、通信量の急増や障害が発生した場合、映像が乱れたり、音声が途切れたりするケースがあります。新製品は、OpenFlow技術を採用し通信負荷の増大や障害を検出し、最適な通信経路を自動的に選択することができるため、エンドユーザは、高品質で安定した様々なサービスを利用することが可能になります。

また、企業やデータセンターのネットワーク構成をシンプル化し、かつ効率的に運用することができるため、従来のネットワーク機器で構成した場合と比べ、初期導入コストを約1/2削減(注3)するとともに、運用コストを大幅に削減することが可能です。未使用スイッチの消費電力を抑制できるため、消費電力も従来比、約40%低減(注3)することが可能です。

こうしたメリットが評価され、本年2月、日本通運株式会社(本社:東京都港区東新橋1丁目9番3号、代表取締役社長 川合正矩)が業務システムに当製品の採用を決定いたしました。

新製品の特長は、以下の通りです。

  1. 高品質で安定したサービスの提供
    • 新製品は、ネットワークを集中管理/制御する「プログラマブルフロー・コントローラ(PFC)」と、データを高速転送する「プログラマブルフロー・スイッチ(PFS)」から構成される。従来は各スイッチに一体化されていたデータ転送機能と制御機能を分離し、制御機能をPFCに集約。PFCがネットワーク全体を監視し、各データの最適な経路を判断してPFSに指示を出すため、最適な通信経路を自由に設定できる柔軟性の高いネットワーク構築が可能。
    • これまで困難だったパケットの通信経路や状況を統計情報(パケット量、バイト数、セッション継続時間など)としてGUI(グラフィカルユーザインタフェース)で管理可能。そのため、万一の障害時にも迅速に対応でき、かつ経路制御することができる。

    上記の特長により、通信負荷の急増や通信経路の異常が発生した場合でも途切れない映像や音声など高品質で安定したサービスを実現することが可能。

  2. 初期導入コストや運用コストを削減
    • 従来は、将来の通信需要予測に基づいて、あらかじめ大規模なネットワーク装置の導入が必要であったが、新製品の導入により、実際の需要に応じて増設が可能となるため初期導入コストを約1/2に抑制可能。
    • 従来は、スイッチの設定変更が必要な場合、人手による複雑な作業が必要であったが、新製品はPFCが自動的に動作環境の変化を検出し容易に変更可能なため、運用コストの削減と作業の信頼性向上を実現できる。

  3. 消費電力を40%削減
    • 通信量が少ない場合、複数の通信経路を集約したり、未使用スイッチの消費電力を抑制することができるため、消費電力を従来比、40%削減可能。これにより、企業のCO2削減やデータセンターの省エネ化に貢献できる。

新製品の価格、および出荷時期は、次の通りです。

製品名 希望小売価格
(税抜)
出荷時期 構成/備考
プログラマブルフローコントローラ
UNIVERGE PF6800
10,000千円~ 2011年5月上旬 ・冗長構成、RAID、電源冗長
・OpenFlow Version1.0.0
プログラマブルフロースイッチ
UNIVERGE PF5240
2,500千円~ 2011年5月上旬 ・10/100/1000BASE-T:48port
・1000BASE-X、10GBASE-R:4port
・OpenFlow Version1.0.0

NECは、新製品を国内の企業やデータセンター事業者向けに加え、海外でも拡販を図り、今後、2年間で200システムの販売を目指します。

NECは、いち早くOpenFlow技術に注目し、2008年にスタンフォード大学と共同で日米間の広帯域ネットワークを使用した実証実験を行い、プログラマブルフロー・スイッチを利用したネットワーク制御に成功しています。また、昨年に続き、本年も、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)などと共同で、OpenFlow技術を用いて3D映像配信の実証実験を成功させています。本実験では、日本の14拠点に加え、韓国、香港の国際迂回回線も活用して、さっぽろ雪まつりのライブ映像および沖縄プロ野球キャンプの映像伝送を行いました。本実験内では、プログラマブルフロー・コントローラから特定フローの意図的な経路切替えや、回線の障害を想定した経路切替えなどのテストも無事クリアーし、高信頼な映像伝送を行うことに成功しました。今回、世界で初めてオープンフローに対応した製品を商用化できたのは、こうした業界に先駆けた取り組みの成果と考えております

NECは、今後、「UNIVERGE PFシリーズ」の継続強化を行い、企業やデータセンター向けだけでなく、通信事業者向けも視野に入れて製品開発を進めて行く予定です。

なお、ネットワーク構成図および主な製品仕様は別紙1、当発表に対するエンドースは別紙2をご参照ください。

以上

(注1)

2011年3月9日現在。NEC調べ

(注2)

OpenFlowについて

(注3)

NEC想定のモデルケースでの試算値。

*

「プログラマブルフロー」および「ProgrammableFlow」は、日本電気株式会社の登録商標または商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

新製品に関する情報

プログラマブルフロー情報発信サイト
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/univerge/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 企業ソリューション事業本部
UNIVERGEインフォメーションセンター
Eメール: univergeinfo@usc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.