ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 東北地方太平洋沖地震による影響と対応について

【お知らせ】

東北地方太平洋沖地震による影響と対応について

2011年3月18日
日本電気株式会社

NECグループの東北地方太平洋沖地震による影響と、対応について以下の通りお知らせします。
NECグループは、一丸となり、被災地の一日も早い復興への支援と、確実な事業継続の取り組みを進めてまいります。

■本日更新した情報

1. 主な生産拠点の最新の稼動状況

  1. 稼動を継続している主な生産拠点 

    ・NECパーソナルプロダクツ米沢事業場(山形県米沢市):パソコン等
    ・NEC埼玉(埼玉県児玉郡):携帯電話
    ・NEC山梨(山梨県大月市):光海底中継器等
    ・NECコンピュータテクノ(山梨県甲府市):サーバ等
    ・NECアクセステクニカ(静岡県掛川市):ルータ等個人向け通信機器

  2. 地震の影響があった主な生産拠点の状況

    ・NEC東北(岩手県一関市):通信機器等
      設備の点検および一部建屋・設備の復旧に努めています。
      なお、震災前の完成品の一部出荷を開始しました。
    ・NECワイヤレスネットワークス(福島県福島市):無線通信機器等
      設備の点検および一部建屋・設備の復旧に努めています。
      なお、震災前の完成品の出荷を開始しました。
    ・NECトーキン仙台事業所/白石事業所(宮城県仙台市/白石市):電子部品
      設備の点検および一部建屋・設備の復旧に努めています。
    ・NECインフロンティア東北(宮城県白石市):通信機器、POS
      設備の点検および一部建屋・設備の復旧に努め、検査ラインの早期稼動を目指しています。

※なお上記4拠点ともに、全従業員の無事を確認しています。

2. 被災地の復興支援に関する取り組み

  1. 省エネ電球、照明器具の提供(NECライティング)
    ・電球型LEDランプ(LIFE LED’S) : 1,000個
    ・電球型蛍光ランプ : 5,000個(内、1,000個は残光機能付き「ホタルックボール」)
    ・省エネスリム蛍光灯ペンダント : 250灯(残光機能「ホタルック」ランプ付き)

  2. 赤外線カメラ(サーモギア等)21台の無償貸与(NEC Avio赤外線テクノロジー)
      災害救助、建物診断や住民の安全、二次災害の防止用に赤外線カメラ21台を無償貸与しました。

  3. ラジオ付きソーラートーチ(懐中電灯)900個の提供(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)

  4. BIGLOBE東北地方太平洋沖地震チャリティー壁紙
      東北地方太平洋沖地震で被災された方々に対する義援金を、チャリティー壁紙の申込の形式で受け付けています。
      http://softplaza.biglobe.ne.jp/shop/biglobe/charity/
      申込金は全額義援金として日本赤十字社に送金します。

3. 採用選考活動の延期

  • 2012年度新卒採用の採用選考開始時期を当初予定の4月1日から6月1日以降に延期しました。
  • 今後の採用スケジュールは、被災された学生の皆さまへの配慮や全国の学生の皆さまの安全性確保および選考機会の公平性の観点から検討を行い、詳細については後日弊社採用ホームページにて案内予定です。


■既発表の情報

1. 義援金等の提供

http://www.nec.co.jp/press/ja/1103/1301.html

義援金および、パソコンや通信機器などITネットワーク関連機器を合わせて、総額1億円を超える支援を行います。

2. 東北地方太平洋沖地震被災地へ向けた社員による募金活動開始

http://www.nec.co.jp/press/ja/1103/1702.html

NECグループでは、東北地方太平洋沖地震により被災された方々の救援および被災地の復興のため、3月17日から世界各国グループ社員による募金活動を開始しました。

3. お客様のIT機器等のサポートやクラウドサービスの提供

  • パーソナル製品の特別保守サービスの実施
    http://www.nec.co.jp/press/ja/1103/1402.html

    地震により被害を受けたNECパーソナル商品を個人でご利用のお客様に対して、保証期間を問わず修理料金を3割引で対応するなど、特別価格で修理を行う「特別保守サービス」を11日(一部対象地区は12日)より開始しました。

  • 企業向けIT機器の専用問い合わせ窓口の開設
    http://www.nec.co.jp/press/ja/1103/1602.html

    企業・官公庁・各種団体向けサーバ等のIT機器の保守・サポートについて、通常の保守受付窓口に加え、以下のとおり被災地専用受付窓口を開設しています。
      NECのIT機器保守に関する被災地専用受付窓口(NECフィールディング)
      0120-988-919(通話料無料・24時間受付)

  • クラウドサービスの無償提供

    東北地方太平洋沖地震の被災者の方および、復興支援のため情報発信を必要とする組織・団体を対象としたBIGLOBEクラウドホスティングサービスを無償提供します。(申し込み日翌月末まで利用可能)

    ※BIGLOBEクラウドホスティングは、通常の企業活動に必要なシステム利用のためのサービス基盤や、安否確認情報、交通情報、鉄道の運行状況など被災地に必要な情報を迅速に届けるためのインフラ基盤として利用できるクラウドサービスです。
    http://business.biglobe.ne.jp/hosting/cloud/

4. 節電対策と、計画停電への対応

NECグループ各社、各事業場において以下のような節電対策を実施中です。

  ・計画停電に対応した勤務時間の変更
  ・エレベータの稼動台数の削減
  ・社名看板や自動販売機等の消灯
  ・執務フロアにおける照明の昼間の消灯
  ・時間外空調の停止 他

以上

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.