ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 神奈川県下11町村に財務会計システムをクラウドサービスで提供

神奈川県下11町村に財務会計システムをクラウドサービスで提供 ~「GPRIME for SaaS」を活用~

2011年5月17日
日本電気株式会社

NECは、神奈川県下11町村(葉山町・寒川町・大磯町・二宮町・中井町・大井町・山北町・開成町・真鶴町・愛川町・清川村)に対し、基幹業務である財務会計システムと電子決裁システムをクラウドサービスで提供します。
第一弾として、寒川町など6町村で本年10月から利用が開始され、他町村においても現行システムの切り替え時期に合わせて順次開始される予定です。

NECは、地方公共団体の基幹業務システム(住民情報・財務会計・人事給与など)をデータセンターからクラウドサービスとして提供する「GPRIME for SaaS」(ジープライム フォー サース、注1)を2010年1月から販売しています。
11町村は、この「GPRIME for SaaS」が提供するシステム機能のうち、予算編成・歳入/歳出・出納・決算などの管理を行う財務会計システムと、行政事務の電子化に不可欠な電子決裁システムを、NECのデータセンターからネットワーク経由で利用します。

基幹システムを自庁で所有せずにサービスとして利用する形態は、山形県置賜地域7市町(注2)、奈良県下7市町(注3)、山梨県下10市町村(注4)などに続き、全国でも先進的な事例となります。

神奈川県下11町村はこれまで、それぞれ独自に基幹システムを構築・運用しており、システムにかかるトータルコスト(TCO)の削減、職員負担の軽減、環境変化への迅速な対応などが課題となっていました。財務会計業務は、決算統計の県への報告資料・議会説明資料・監査資料など、各町村が運用面で共通化しやすい部分が多く、共通システムの利用で業務効率化やコスト抑制につなげられるという判断から、今回のクラウドサービスの導入に至りました。

11町村は本サービスの導入にあたり、従来の財務会計業務プロセスの見直しと標準化を図り、当該システムにかかるTCOの約30%(注5)を削減するとともに、NECの高セキュア・高信頼なデータセンターを利用することで情報漏洩の回避や災害時の事業継続性を確保します。
さらに、これまで自前のシステム運用にかかっていた職員のリソースを住民サービスの強化に活用することで、一層の住民満足度向上を目指しています。

神奈川県下11町村が導入したサービスの特長は、次の通りです。

1. 標準化された業務システムをサービス提供、大掛かりなカスタマイズが不要

  • 「GPRIME for SaaS」の財務会計領域は、予算編成・予算管理・予算分析・歳入管理・歳出管理・債権債務者管理・出納管理・決裁管理・決算統計などの機能を提供。また、電子決裁領域では、決裁業務(書類や回議文書や帳票などの決裁のプロセス)を電子化し、意思決定の迅速化、ペーパレス化促進、文書の保管・閲覧等の効率化を実現する。

  • 「GPRIME for SaaS」は、標準化された最新の業務システムをサービスとして提供するため、大がかりなカスタマイズを必要とせず、各市町村それぞれのニーズに対してパラメータ設定など簡易な作業で対応できる仕組みとなっている。11町村では、財務会計の業務プロセスや決裁手順の標準化が徹底されることで、カスタマイズなく、自前でシステム構築する場合に比べ約50%の期間短縮で導入できる。

2.NECのデータセンターの利用で、セキュリティや災害時の事業継続性を確保

  • 「GPRIME for SaaS」は、NECのセキュアなデータセンターからネットワーク経由で11町村に提供(月額料金体系)される。同センターは、高度なセキュリティと耐震性を有し、データの漏洩回避や災害時の事業継続性を確保している。

3. 安心してサービスを利用できる充実のサポート

  • システムの利用にあたり、新たに、操作等の問い合わせ専門窓口「GPRIME for SaaSヘルプデスクサービス」をWeb上に用意。「GPRIME for SaaS」の財務会計を利用する全国の団体からの質問と回答(FAQ)を一覧で確認したり、Web上のフォームから問い合わせができ、迅速な課題解決が可能。全国の利用団体相互のノウハウを共有化し、職員の利便性を向上するためのプラットフォームとして活用できる。

NECはこのたびの実績を推進力として、「GPRIME for SaaS」の販売を強化し、今後3年間で200団体への導入をめざします。

尚、今後、「GPRIME for SaaS」の利用を検討される団体向けに、デモ環境を体験(無料)できる専用WEBサイトを、本年7月に開設する予定です。
詳細は、新しいウィンドウを開きます。 http://www.nec.co.jp/kokyo/GPRIME/cloud/cloud_n.html をご参照下さい。

以上

(注1)GPRIME for SaaSの詳細 (注2)山形県置賜地域7市町の事例詳細 (注3)奈良県下7市町の事例詳細 (注4)山梨県下10市町村の事例詳細 (注5)

NEC算定値

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本事例の詳細情報

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 公共ソリューション事業部 GPRIMEソリューション部
TEL 03-3798-1443
Eメール: sw@fcs.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.