ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ブラジルでスマートシティ開発プロジェクトに参画

ブラジルでスマートシティ開発プロジェクトに参画 ~スマートシティソリューションを新興国等で展開~

2011年6月13日
日本電気株式会社

NECは、建築・石油・エネルギー・不動産・環境エンジニアリング等を手がけるブラジル大手企業グループ「オーデブレヒト」の傘下で都市開発を進める「アリーナ・ペルナンブッコ コンソーシャム」と協力し、ブラジルの中核都市ペルナンブッコ州の州都レシフェ市近郊で計画されている、スマートシティ開発プロジェクトに参画します。

同地域は、2014年開催予定のサッカーワールドカップのための新たな競技場の建設が予定されており、ペルナンブッコ州は、その周辺地域をイベント終了後も継続して発展できる次世代スマートシティとして都市開発することを計画しています。

同州知事立会いのもとで調印された覚書に基づき、NECは、アリーナ・ペルナンブッコ コンソーシャムと共同で「クラウドコンピューティング等を活用した電子政府」「インテリジェントエネルギーシステム」「様々な大規模イベントに耐えるICTインフラの構築」など、観光、物流の中核拠点として継続的に発展できるICTを駆使した次世代都市インフラの提案をします。

NECは世界30ヶ国に導入実績のあるパブリックセーフティ、RFIDなどのセンシングデバイス活用ソリューション、国内外で実証中のスマートハウスや蓄電等の環境・エネルギーソリューションなどのソリューションを有しています。また国内のみならず、中国の物聯網(国家情報通信技術戦略プロジェクト)、オーストラリア政府ICTプロジェクト、米国最大の電力技術研究所であるEPRIの大規模蓄電システム実証実験、イタリア大手電力会社との次世代スマートグリッドシステムの共同開発等で培っている経験をもとに、本プロジェクトに取り組みます。

今後この取り組みをもとに、スマートシティソリューションのパッケージ化を進め、上期中には世界5極の地域統括会社やコンピテンスセンターを核として、新興国を中心に構想が進んでいるスマートシティに対し、地域ニーズに即した提案活動を展開します。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

*NECのスマートシティソリューションについて
NEC スマートシティ事業推進部
Eメール: info-smartcity@nbp.jp.nec.com

*ブラジルのプロジェクトについて
NEC 米州EMEA営業本部
電話:03-3798-9984

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.