ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、カラーページプリンタとモノクロレーザプリンタを発売

NEC、カラーページプリンタとモノクロレーザプリンタを発売 ~印刷速度の向上や、TEC値の低減など性能を強化~

2011年6月14日
日本電気株式会社

カラーマルチライタ 9950C

カラーマルチライタ 9950C

マルチライタ 5220N

マルチライタ 5220N

<新商品に関する情報>

NEC Webサイト 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/mw/

NECはこのたび、A3対応カラーページプリンタ「カラーマルチライタ9950C」とA4対応モノクロレーザプリンタ「マルチライタ5220N」を製品化し、本日から販売活動を開始します。

新製品は、2機種ともに、従来機より印刷速度を向上させるとともに、1週間の標準消費電力量の目安であるTEC値(注1)を低減し、環境や節電へ貢献します。

2機種のポイントは次のとおりです。

A3対応カラーページプリンタ「カラーマルチライタ9950C」

カラー印刷速度を毎分35頁から毎分50頁へ約1.4倍高速化
用紙走行ルートの改善により、両面印刷時も速度を低減せずに印刷可能(注2)
TEC値を8.34kWhから2.77kWhへ低減
ウォームアップ時間が17秒、節電モード時からの復帰時間が15秒と利便性を向上

A4対応レーザプリンタ「マルチライタ5220N」

印刷速度を毎分24頁から毎分30頁へ高速化
TEC値を3.25kWhから2.31kWhへ低減
装置サイズが幅393×奥行384×高さ259mmのコンパクトな筐体に、両面印刷とネットワークインタフェースを標準搭載

新製品の希望小売価格、出荷開始時期は次のとおりであり、今後1年間で合わせて1万台の販売を目標にしています。

新製品 本体希望小売価格(税別) 出荷開始時期
カラーマルチライタ
9950C
428,000円 2011年7月11日
マルチライタ
5220N
69,800円 2011年7月28日

新製品の主な特長は次のとおりです。

A3対応カラーページプリンタ「カラーマルチライタ9950C」

  1. 両面印刷時もカラー毎分50頁の印刷を実現
    「タンデム方式」(注3)を採用しカラー毎分50頁、モノクロ毎分55頁の高い生産性を実現。用紙走行のルートを改善し、両面印刷時もそのままの印刷速度(注2)を実現。
    また、「IHフューザー」(注4)の採用に加え、用紙搬送経路を短くすることで、ファーストプリント時間(注5)もカラー5.0秒、モノクロ3.5秒を実現。

  2. 利便性を損なわない省エネ設計
    「IHフューザー」を採用することで、2.77kWhのTEC値と1.5Wの待機時の低消費電力化を実現。「IHフューザー」は印刷に応じて急速加熱することが可能なため、節電モード時からの復帰時間も15秒になり従来機(注6)の45秒から大幅に短縮。

  3. 大量印刷にも応える最大4,640枚の給紙容量
    新たに、3トレイモジュールと併用できる大容量トレイモジュール(注7)をオプションで追加。標準で手差しトレイ100枚と標準トレイ560枚の計660枚、また、フル装備では最大4,640枚(注8)までの給紙が可能。

  4. 厚紙対応を強化
    従来機ではトレイで坪量169g/m2まで、手差しで220g/m2までの対応のところ、新製品ではトレイで256g/m2まで、手差しで280g/m2まで対応。これにより、業務で使われるより多様な用紙への印刷が可能となる。

  5. 次世代ネットワークプロトコル「IPv6」に対応
    インターネット利用ユーザ増加への対策としての次世代ネットワークプロトコル「IPv6」に対応。

  6. さまざまなオプションを提供
    「カラーマルチライタ」シリーズの最上位機として多様な印刷ニーズに応えるために、印刷後にステープルやパンチを施すことが出来る「フィニッシャ」はじめ、新たに「小サイズ給紙トレイ」(注9)、「ギガビットイーサネットカード」(注10)などさまざまなオプションを用意。

A4対応モノクロレーザプリンタ「マルチライタ5220N」

  1. 印刷速度の高速化
    従来機(注11)で毎分24頁だった印刷速度を、毎分30頁に高速化、さらにファーストプリント時間も10秒から8.5秒へ短縮。

  2. TEC値の低減
    制御回路を改善し節電モード時の消費電力を8Wから6Wに抑えたことで、TEC値を従来の3.25kWhから2.31kWhへ低減。

  3. 自動両面印刷の標準搭載
    従来機は、オプションでの設定もなかった自動両面印刷を標準で搭載。
    また、新たに本体背面にフェイスアップで用紙を排出するルートを追加し、はがきなどの厚紙印刷の際にそりを抑えた印刷が可能。

  4. 省スペースと使いやすさの向上
    自動両面印刷を内蔵しつつ、幅393×奥行384×高さ259mmとコンパクトな筐体を実現(注12)。また、従来機ではLEDランプとボタンのみの操作パネルに、液晶パネルを追加しプリンタの状態を容易に確認することが可能。

  5. ネットワーク機能を強化
    ネットワークインタフェースの標準搭載に加え、次世代ネットワークプロトコル「IPv6」にも対応。

新製品の仕様については、別紙をご参照ください。

以上

(注1)

Typical Electricity Consumption。財団法人省エネルギーセンター「国際エネルギースター」適合基準。概念的1週間(稼動とスリープ/オフが繰り返される5日間+スリープ/オフ状態の2日間)の消費電力。

(注2)

A4普通紙の場合。

(注3)

カラーレーザープリンタの印刷方式の一種で、4色を一度に印刷する方式。

(注4)

IHフューザーは、原理的には家庭用の電磁調理器と同じ電磁誘導による加熱方式InductionHeating(IH)を採用した定着器。ヒーター部を高い熱効率で急速加熱するため、従来の定着方式と異なり予熱することなく印刷の時だけ加熱することで省電力化に大きな効果がある。

(注5)

印刷動作が始まってから1枚目の用紙が排出されるまでの時間。

(注6)

「カラーマルチライタ9900C」

(注7)

2,300枚×1段の増設トレイ。オプションの3トレイモジュールを増設した上で取り付け可能。対応する用紙サイズはA4、B5、レターの普通紙を給紙可能。

(注8)

フル装備とは本体標準660枚+3トレイモジュール1,680枚+大容量給紙トレイ2.300枚 計4,640枚。

(注9)

標準トレイと差し替えて使用するオプション。A4、B5、自由サイズ(幅148~241mm×長さ98~318mm)の普通紙480枚、はがきなら180給紙可能。

(注10)

Gigabit(1000BASE-T)に対応するネットワークインタフェースのオプション。

(注11)

マルチライタ5200。

(注12)

従来機の「マルチライタ5200」の外形寸法は、幅371mm×奥行384mm×高さ246mm。

*

本文表記の価格はNECの希望小売価格(税別)。法人顧客への販売を対象に価格を表示したもの。

*

文中の最高印刷速度はA4用紙横、同一頁複写印刷時。

*

文中の用紙容量は、特に指定がない限りA4普通紙。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

新商品に関する情報

NEC Webサイト
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/mw/

マルチライタに関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 121コンタクトセンター
電話番号:フリーコール 0120-977-121(コール後「3」窓口を選択)
受付時間:9:00~17:00(年中無休)
※携帯電話、PHSまたはIP電話などフリーコールをご利用いただけない場合は、03-6670-6000(通話料お客様負担)

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.