ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、JAXAの準天頂衛星初号機「みちびき」測位信号の提供開始に貢献

NEC、JAXAの準天頂衛星初号機「みちびき」測位信号の提供開始に貢献

2011年6月22日
日本電気株式会社

NECは、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)が本日開始した準天頂衛星初号機「みちびき(注1)」の測位信号の提供開始に貢献しました。

当社は「みちびき」に搭載するミッション機器と地上局で構成される「高精度測位実験システム(以下、測位システム)」、および地上から衛星をコントロールする「追跡管制システム」の開発・製造および全体のとりまとめを担当しています。

「みちびき」の測位信号は、NECが納入した「測位システム」によって提供されています。当システムは、2010年12月よりJAXAの技術実証に使用されており、このたび、L1-C/AおよびL2C測位信号(注2)について、品質および信頼性を有することが確認されたため、本日JAXAがアラートフラグ(注3)を解除し、測位信号の提供を開始しました。

NECは、引き続き、準天頂衛星システムの安定した運用および性能向上、更なる活用に尽力するとともに、日本の宇宙開発とともに育んできた最先端の宇宙技術を活かして、人と地球にやさしい情報社会の実現を目指します。

以上

(注1) 準天頂衛星システム「みちびき」 (注2) L1-C/A、L2C測位信号

既存のGPSが提供する測位信号との相互運用が可能なGPS補完信号。この補完信号には他にL5、L1C信号もあるが今回は提供対象外。

(注3) アラートフラグ

「みちびき」の測位信号の利用ができない状態(アラート状態)を示すフラグ情報。この「アラートフラグ」が解除されると、一般ユーザーは安全に測位信号を利用できる。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 航空宇宙・防衛事業本部 宇宙事業開発戦略室
電話:(03)5308-1586

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.