ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 高機能保冷技術とクラウド技術を融合した「温度管理トレーサビリティサービス」の提供開始

高機能保冷技術とクラウド技術を融合した
「温度管理トレーサビリティサービス」の提供を開始

2011年7月22日
トッパン・フォームズ株式会社
日本電気株式会社

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:櫻井醜、以下「トッパンフォームズ」)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下:NEC)は、高機能保冷剤「メカクール」(注1)を活用した付加価値サービスとして、SaaS型(注2)の温度管理トレーサビリティサービスを本日から提供開始します。

これまで医療・食品など、冷蔵や冷凍が必要な商品を扱う業界における保冷・輸送業務では、主にドライアイスが使用されてきました。これに置き換わる仕組みとしてトッパンフォームズでは、環境を考慮した高機能保冷剤「メカクール」を活用して、保冷・輸送業務の品質向上に貢献してきました。
一方、NECでは、温度・湿度・衝撃センサ付きRFIDタグを活用したSaaS型クラウドサービス(製品名:物流品質トレーサビリティ for SaaS)を通じて、保冷・輸送業務の品質可視化を実現し、サプライチェーンの品質管理に貢献してきました。

従来、保冷・輸送の温度管理は、トラックや倉庫に固定された温度測定器で定点的に測るのが中心で、出荷から納品まで途切れなく温度変化をトレースしたいというニーズには十分応えることが出来ませんでした。しかし、近年、安全・安心への意識の高まりから、「保冷・輸送中の一貫した温度管理を把握したい」というニーズが急激に高まってきました。

今回、最適な高機能保冷技術を持つトッパンフォームズと温度管理のSaaS型クラウドサービスを提供しているNECが協業することで、保冷・輸送業務の温度管理の可視化を実現し、出荷から納品までの低温維持と一貫した温度履歴情報の管理を可能としました。

トッパンフォームズは、今後3年間で20億円の販売を目標としており、温度管理トレーサビリティサービスの主な特長は次の通りです。

  • 繰り返し使用可能な高機能保冷剤メカクールと温度センサ付きRFIDタグを内蔵した、医療分野における検体、治験薬の保冷・輸送用特殊内箱付高機能保冷箱や、食品の保冷宅配用3温度帯(常温、冷蔵、冷凍)高機能保冷箱により、適切な温度を維持しながらの輸送と、保冷・輸送業務の品質可視化を実現。

  • SaaS型クラウドサービス(注3)のため、インターネット上で流通過程での温度、湿度、衝撃の記録データをいつでも保管、参照、取り出し、分析、レポートすることができる。また、複数拠点における輸送保管のトレーサビリティの一元管理も可能。

  • 「FeliCa」(注4)通信方式センサ付きRFID(注5)により、航空機輸送の流通過程の可視化も実現。

  • 「PaSoRi」(注4)、「おサイフケータイ」(注6)対応携帯端末による現地での品質チェックが可能。

衛生管理を問題とする食品事故や、温度異常による品質問題をなくすため、ISO15189(臨床検査に関する国際規格)やISO22000(食品流通に関する国際規格)でも輸送・保管業務における品質管理が求められています。さらに、近年増えている宅配向けや、保管倉庫の停電時の管理手段としても、温度管理トレーサビリティへの要望が高まっております。両社ではいち早くこうしたニーズに応えていくとともに引き続き、安全安心かつ環境にやさしいソリューションの提供を追及していきます。

以上

(注1)

MechaCool/メカクール」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

(注2)

Software as a Serviceの略。ネットワーク経由で必要な機能を利用する仕組み。

(注3)

インターネットに接続できる環境からアクセスするだけで、流通過程での温度、湿度、衝撃の記録データをいつでも保管、参照、取り出し、分析、レポートすることができるWEBベースのサービス。自社でシステム構築するよりも短納期かつ規模に応じた導入が可能。

(注4)

FeliCa、PaSoRiは、ソニー株式会社の登録商標です。
FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。

(注5)

本ソリューション対応センサー付きRFIDタグとして、株式会社藤田電機製作所のセンサータグ(製品名:WATCH LOGGER(ウオッチロガー))を活用。
WATCH LOGGER/ウオッチロガーは、株式会社藤田電機製作所の登録商標です。

(注6)

おサイフケータイは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関する関連URL

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 新事業推進本部 事業計画部
Eメール: sensor@service.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.