ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 京都中央信用金庫が、NECの次世代営業店システムを導入

京都中央信用金庫が、NECの次世代営業店システムを導入 ~全128店舗における業務の効率化・お客さまサービスの向上を実現~

2011年9月13日
京都中央信用金庫
日本電気株式会社

京都中央信用金庫(所在地:京都市下京区、理事長:布垣豊)は、全128の営業店舗において、日本電気株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下NEC)の次世代営業店システム「NAVUTE(ナビュート)」と「業務ナビゲーションシステム」などを導入し、営業店システムを大幅に刷新しました。

京都中央信用金庫では従来から、営業店で発生する事務リスクを把握する体制を整備しており、窓口業務の正確性の向上やコンプライアンス強化に努めています。しかし相次ぐ制度改正や金融商品の多様化などにより、年々業務は複雑化し、事務リスクが高まる状況にありました。また、営業店窓口の業務を本来の役割である「お客さまサービス」に注力させるため、営業店事務の負荷を軽減することも課題でした。

今回、京都中央信用金庫は「NAVUTE」を導入したことで、営業店窓口業務に必要な各種業務システムを集約・連携させる統合アプリケーション基盤が整備され、営業店端末を「総合情報端末」として利用することが可能となりました。これにより、事務処理の効率化とお客さま対応の迅速化が実現されました。

また、「NAVUTE」に加え「業務ナビゲーションシステム」の導入により、京都中央信用金庫が設計した66種類の業務フローについて、窓口担当者が端末画面の指示に従えば各種の手続き業務が進められるようになりました。これにより、事務手続き時間の短縮や、より厳格な取扱いの徹底がはかれ、コンプライアンスの強化につながっています。

さらに、「為替集中システム(注1)」の更改、「為替受信システム」の導入により、為替事務を事務センターに集中化し、営業店事務のさらなる負荷軽減を実現しています。

新営業店システムにより、京都中央信用金庫では窓口事務処理の操作性の格段の向上により、業務運用が大幅に効率化されました。今後は一層の業務の効率化や、事務センター集中業務の拡大を通じて、お客さまサービスのさらなる向上を目指しています。

京都中央信用金庫が導入したシステムの特長は次のとおりです。

1. 勘定系端末機能と情報系端末機能を統合する次世代営業店システム「NAVUTE」

  • これまで別々の端末で運用していた入出金などの勘定系処理と情報系などの各種業務システムを連携し、新端末からの利用を実現。これにより、窓口担当者は離席することなく事務規程集や示達文書など業務に必要な情報をいつでもその場で参照できるため、業務の効率化やお客さまの待ち時間短縮を実現。

  • スタンドスキャナを活用したイメージ処理では、従来に比べスキャナの処理スピードや、文字認識率が向上。また、営業店端末から為替集中システム(注1)へのイメージ送信も可能となり、従来以上に厳格で、より事務負担の少ない事務ワークフローを実現。

  • 既設のオープン出納機(注2)と営業店端末の入出金データをオンライン連携することにより、金額の自動チェックや現金集計事務等の業務負担軽減を達成。

2. 「業務ナビゲーションシステム」により、高品質かつ均一なお客さま対応を実現

  • 京都中央信用金庫が設計した66種類の業務フローについて、窓口の担当者が、営業店端末の画面の指示に従えば各種の手続きを進められるようになり、高品質かつ均一なお客さま対応を実現。また、喪失届受付、変更届受付事務では届出書を印字作成する機能があり、お客さまの手記入負担の軽減や、記入漏れ防止による、お客さまにやさしい仕組みを実現。

  • 金融機関の本部職員自身で業務プロセスや画面のメンテナンスが可能。

3.営業店事務を事務センターに集中させる「新事務集中システム」

  • 事務センター側の為替集中システム(注1)を刷新。営業店端末からの振込票イメージ送信機能を新たに構築し、送信漏れ・誤送信等の事務リスクの払拭に貢献。

  • 為替受信システムを、事務センターに新たに構築。被仕向入金不能分の入金・照会事務を事務センターに集中することで、営業店の事務負担が軽減。

京都中央信用金庫は、「On Your Side~一緒がうれしい~」をモットーに地域密着型の信用金庫として発展を続けており、今後もお客さまに選ばれ続けるサービスを提供していきます。

NECは、今回の実績を活かしながら引き続き拡販を行い、金融業界の業務効率化・サービスの向上に貢献していきます。

以上

(注1)

為替集中システム:営業店から振込依頼書イメージをセンターへ送信し、センター側でOCR認識結果と依頼書イメージを見ながら宛先および依頼人情報等の入力と発信を行うシステム

(注2)

オープン出納機:営業店に設置された共通金庫で、オペレーションカードにより行員の誰もが現金の入金や支払を行うことができる機器

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお問い合わせ先

京都中央信用金庫 広報部
電話:075-223-8385

本件に関するお客様からのNECへのお問い合わせ先

第二金融ソリューション事業部 ソリューションビジネス推進部
電話:03-5746-3907
Eメール: webstaff@fsp.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.