ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、株価データを分析できるハードウェア設計技術を開発

NEC、変動する株価データなどをリアルタイムに分析できる
ハードウェア設計技術を開発

2011年9月28日
日本電気株式会社

NECは、株価データなど時々刻々と変化する大量の時系列データを、リアルタイムで分析できるハードウェア設計技術を開発しました。

昨今、金融マーケットの拡大による株価データの増大に伴い、証券会社など金融業界において、これらをリアルタイムに分析するニーズが高まっています。これに対応するため、データの抽出と分析を同時に行える「複合イベント処理」(注1)が金融業界のシステムで活用されていますが、リアルタイムな処理を実現するため、さらなる高速化が求められています。

開発した技術は、従来はソフトウェアで行っていた「複合イベント処理」をハードウェアで行うため、従来比約50倍の高速な処理を実現します。これにより、時々刻々と変化する時系列データ(イベント列)について、遅延を最小限に抑えたリアルタイムな分析が可能となります。

また、C言語を用いてユーザが自由に回路を書き換えできるハードウェアを利用することで、ユーザ独自のデータ分析・処理を、高速なハードウェア上で短時間に実現します。

このたび開発した技術の特長は、次の通りです。

1. 従来比約50倍高速なデータ分析・処理を実現

文字列の表記法である正規表現を関数に応用した「関数の正規表現」を開発し、それを用いて独自のハードウェア処理機構を開発。これにより、正規表現による一致処理と、関数による計算処理とが同時に必要な複合イベント処理をハードウェアで実行可能とし、従来のソフトウェア処理に比べて約50倍の性能向上を実現。

2. ユーザ独自のデータ分析・処理を、短時間にハードウェアで実現

NECのシステムLSI設計ツール群「CyberWorkBench」(サイバーワークベンチ、注2)を利用することで、ユーザが独自のデータ分析・処理の関数をC言語でプログラミングするだけで、ハードウェア上で容易に実現可能。これにより、従来の論理回路を再設計する作業が不要となり、多様な分析・処理をユーザ自身で短時間に設計可能。

NECは今後も、ハードウェアを活用したリアルタイム分析技術の研究開発に積極的に取り組んでまいります。

なおこのたびの成果は、9月5日から7日までギリシャで開催された「International Conference on Field Programmable Logic and Applications」において、5日に発表を行ったものです。

以上

(注1) 複合イベント処理

時間とともに変化する時系列データ(イベント)から、ある条件に合致した情報を抽出・分析する処理のこと。データをメモリー上に保持してすぐに処理を実行できるため、データをデータベースに格納してから必要に応じて再度抽出し処理を行う方法と比較して、数十~数百倍の高速処理が可能。データ列の一致処理と計算処理とを同時に行う必要がある。

(注2) CyberWorkBench

NECが開発した、C言語を利用できるLSI設計ツール群。
CyberWorkBenchについて( http://www.nec.co.jp/soft/cwb/

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 知的資産R&D企画本部 広報グループ
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.