ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、「システムモデルベースSI支援環境」を開発

NEC、「システムモデルベースSI支援環境」を開発 ~Hadoopを性能評価シミュレータで評価~

2011年10月4日
日本電気株式会社

NECは、「システムモデルベースSI支援環境(Computer Aided System model based SI environment)」を開発し、下期から当社のSIにおける適用を開始しました。

「システムモデルベースSI支援環境」は、これまでSEの経験則やノウハウが主たるベースとなっていたSIプロセスを支援するものであり、NECでは中央研究所が中心となって、研究開発を進めてきました。「システムモデルベースSI支援環境」には、システム構築を支援するための非機能要件(注1)評価ツールが複数あり、その1つとして「性能評価シミュレータ」があります。

「非機能要件評価ツール」は、システムの可用性、拡張性、移行性、運用・保守性などのシステム特性を評価するシミュレータツールです。NECは新たに開発した「性能評価シミュレータ」において、これまでのシミュレータの利便性を継承しながら、Hadoopに対応しました。

昨今、Hadoopを利用したシステムの様々な事例が増加しており、Hadoopの特性を生かしたシステム開発のニーズが高まっています。

NECでは、Hadoopの構造論からその長所と短所を見極めることで、Hadoopを利用したシステムの信頼性を向上させるとともに、これまでのDWH/BI系大量データ処理に加え、基幹系バッチ処理時間の大幅短縮を可能とします。

複数のスレーブサーバから成るHadoopクラスタによる並列処理は、スレーブサーバの台数と性能が、システムの性能要件に大きく影響します。これまでは、システム構築後に性能要件の達成度を確認していましたが、NECの開発した「システムモデルベースSI支援環境」の提供する「性能評価シミュレータ」を利用することで、スレーブサーバをスケールアウトした構成でのシステム性能を、事前に予測することが可能となります。さらに、このシステムモデルベースSI支援環境は、今後機能強化を行うことで、より精度の高い大規模システムのシミュレーションが可能となる予定です。

NECは、企業向けシステムの構築実績を再利用・資産化した「システムモデルベースSI支援環境」を基にシステム構築を行うことで、設計・構築作業の一層の効率化を進め、より高精度な見積り、大幅なコスト削減および品質向上の実現を目指します。

なお、中央研究所では、非機能要件評価ツールの一つである信頼性評価ツールのベースとなる、システム信頼性評価技術に関する研究成果を本年11月に開催されるISSRE(International Symposium on Software Reliability Engineering) (注2)で発表予定です。

以上

(注1)

非機能要件:可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性などの要件

(注2)

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

OMCS事業本部 先端SI技術開発グループ
電話:03-3798-8988

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.