ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、地方公共団体向け施設管理ソリューション「GPRIME施設予約システム」を発売

NEC、地方公共団体向け施設管理ソリューション
「GPRIME施設予約システム」を発売 ~「GPRIME for SaaS/施設予約」も同時に発売~

2011年10月13日
日本電気株式会社

<本件に関する情報>

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/kokyo/products/shisetsu.html

NECは、地方公共団体が管轄する文化会館や体育館など公共施設の空き状況確認や予約を行う施設管理ソリューション「GPRIME施設予約システム」(ジープライム)および、本ソリューションをクラウドサービスで提供する「GPRIME for SaaS/施設予約」の販売を開始します。

「GPRIME 施設予約システム」は、公共施設の管理における「空き状況照会/予約申込」や「抽選処理」などの基本機能に加え、マルチペイメント収納機能を標準で装備しました。これにより、施設利用料の支払いの際、クレジットカード・コンビニエンスストア・ATMなど多様な支払方法が可能となり、利用者の利便性が向上します。

公共施設は住民サービス向上のため週末や祝祭日も利用可能となっている一方、システム運用にかかる職員の負担軽減が求められています。
また近年、公共施設の管理・運営を民間企業に委託する指定管理者制度が広く普及しており、指定管理者が個人情報を取り扱うことになるため、地方公共団体にとってはセキュリティの確保が課題となります。さらに、契約期間満了後に指定管理者が替わる可能性があり、その都度システムの効率的な継続利用を検討する必要があります。

このような背景を受けて、NECでは施設予約システムをクラウドサービスで提供する「GPRIME for SaaS/施設予約」も用意しました。クラウドサービスを利用することで、職員の運用にかかる負担を軽減し、システムの継続的な利用を可能にします。また、地方公共団体や、施設運営・管理業者は個別にシステムを構築する必要がなく、短期間かつ低価格でサービスの利用が可能です。

「GPRIME 施設予約システム」の提供価格は、500万円(税別)/100室場からであり、NECは「GPRIME for SaaS/施設予約」も合わせて今後3年間で100の団体へ提供することを目指します。

「GPRIME施設予約システム」の特長は次の通りです。

1. 施設利用者の利便性を向上するマルチペイメント機能を標準装備

  • マルチペイメント機能を標準で装備し、クレジットカード・コンビニエンスストア・ATMなど多様な支払方法をサポート。これにより利用者の利便性の向上や、さらなる施設利用率の向上に貢献。

2. 「GPRIME for SaaS/施設予約」によるTCOの大幅な削減

  • 職員の運用負担を軽減。
  • 指定管理者制度に対応し、施設運営・管理業者の変更の際も、設定変更のみで継続的なサービス利用が可能。
  • 地方公共団体や施設運営・管理業者は個別にシステムを構築する必要がなく、短期間でのサービス利用や、運用コストの削減が可能。

3. 操作性の向上

  • Webアクセシビリティガイドライン(JIS X8341-3)(注1)への対応レベルを強化。
  • 各機能のユーザインタフェースを改善し、利用者の操作性を向上。
  • 職員向け画面にはNECの地方公共団体向け基幹業務システム「GPRIME」の基盤システムを採用し、GPRIMEシリーズとのインタフェースを統一。

NECは長年に亘り、地方公共団体向けの基幹業務システム「GPRIMEシリーズ」を提供してきました。昨年1月からは、クラウドサービスで提供する「GPRIME for SaaS」も発売し、これまでに50以上の団体に採用され、地方公共団体向けクラウドサービスとしてトップクラス(注2)の実績を有しています。

また、昨今クラウドサービスは、セキュリティ面やコスト削減の観点だけではなく、予期せぬ災害時のバックアップやBCP対策としても注目されており、NECはパッケージの販売とともにクラウドサービスの提供も行い、引き続き拡販を進めていきます。

以上

(注1)

ウェブコンテンツを企画、設計、製作・開発、検証及び保守・運用するときに配慮すべき事項について規定したもの。

(注2)

NEC調べ

*

なお、「GPRIME施設予約システム」は、従来の当社施設予約システムである「CULTOS」(カルトス)、「Yoyacky」(ヨヤッキー)の2製品の特長を活かしながら統合し、製品化したものです。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関する情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 公共ソリューション事業部 GPRIMEソリューション部
電話:03-3798-1443
Eメール: sw@fcs.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.