ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > UHF帯RFIDタグ約80万枚を用いた精緻な販売・在庫管理を実現~本事例の標準システムを販売強化~

UHF帯RFIDタグ約80万枚を用いた精緻な販売・在庫管理を実現 ~本事例の標準システムを販売強化~

2011年11月8日
日本電気株式会社

<NECのRFIDソリューションに関する情報>

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/rfid/

NECは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:増田宗昭、以下 CCC)が今冬にオープンを予定している次世代のTSUTAYA店舗「代官山 蔦屋書店」に、UHF帯RFIDタグ(注1)約80万枚を用いた販売・在庫管理システムを構築しました。
一店舗で約80万規模のUHF帯RFIDタグを用いるシステムは国内最大級となります。

新システムは、同店の主要商品(書籍・DVD・CDなど)にUHF帯RFIDタグを装着し、RFID読取り用の棚アンテナを取り付けた什器(RFIDスマートシェルフ)・RFIDと電子マネーに対応するセルフレジ・RFIDスマートゲート等と組み合わせたものです。これまでバーコードリーダを用いて人手で行っていた入荷検品・レジオペレーション・在庫位置情報管理の精度や作業効率を大幅に向上します。
特に貸出しの多い新作や人気商品は、RFIDスマートシェルフへ陳列を行い、商品に貼付されたUHF帯RFIDタグを定期的・自動的に読み取ることにより、在庫状況の共有や販売データとの整合を迅速に行うことが可能となります。
また、書籍へのタグ装着は、書籍の盗難防止としても活用でき、ロス率の低減を実現します。

次世代のTSUTAYAでは新たな顧客価値の創造のため、後方業務を効率化し、お客様の相談対応や商品提案など、お客様と接する時間をより増やすことが必要とされています。その実現に向け、今回の最先端技術を用いたシステムが導入されました。

新システムの特長は、次のとおりです。

  1. RFIDタグとRFIDスマートシェルフを組み合わせリアルタイム在庫管理を実現
    これまでの在庫管理は、通常、店員がバーコードリーダを各商品にかざして、位置情報も含めた管理を行っており、作業の効率化が求められていました。
    新システムでは、多くの商品にUHF帯RFIDタグを装着し、非接触のハンディーターミナルを用いて商品位置情報等を一括で読み取り、情報の登録時間を軽減します。また一部の棚にはRFID読取り用アンテナを取り付け、棚の上に置いた商品のRFIDタグを瞬時に読み取ることが可能となります。これにより、従来の人手を介して確認していた在庫の位置情報を自動的に収集でき、在庫管理の精度の向上や作業の効率化を実現します。
    こうした情報の収集により、お客様が必要とする商品の位置を専用端末に正確に表示することが可能となり、広い店内でも素早く探せるなど顧客満足度の向上に寄与します。

  2. RFIDと電子マネーに対応したセルフレジやRFIDゲートの導入により、レジオペレーションを効率化
    レジの作業では、複数の商品のタグを一括で認識させることでお客様のレジ待ち時間の軽減を図ります。商品にRFIDを装着することでレンタルでのセルフレジも可能となり、商品を他人に見られることなく、複数の電子マネー、Tポイントや現金で簡単に精算ができるようになります。これによりお客様の待ち時間を最小化し、新しい顧客価値の創出が可能となります。
    また、RFIDタグ利用は、書籍類の盗難防止機能によるロス軽減も期待できます。

NECは、本事例の標準的なシステムを、流通業をはじめとした各業種向けソリューションと連携し、販売強化していきます。

製品名(注2) システム概要
RFIDスマートシェルフシステム RFID読取り用の棚アンテナを設置した什器と管理システムを組み合わせ、対象品に貼付されたUHF帯RFIDタグを定期的・自動的に読取ります。
RFID対応レジシステム レジシステムとRFIDの連携により、UHF帯RFIDタグが貼付された対象品を複数一括同時に読取ることができます。
(新製品)
RFIDスマートゲートシステム
ゲート間を通過したUHF帯RFIDタグを読取り、不正な持出しを検知します。

NECは今後も、RFIDの導入コンサルティング・アプリケーション・タグ等のデバイスまでトータルに提供する「RFIDソリューション」事業(注3)を一層強化していきます。

以上

(注1)

UHF帯RFIDタグ:データをやり取りできる距離(通信距離)が長いことが最大の特長のタグ。13.56MHz帯や2.45GHz帯の周波数で無線通信するRFIDタグの通信距離が数10cmから2mほどであるのに対し、UHF帯RFIDタグは最大で5mを超える。その特徴を活かした一括読み取りが代表的な活用例。

(注2)

各製品のシステム構成や設置例は別紙1参照。
販売価格はお客様要件により変動しますので、個別見積りとなります。

(注3)

別紙2参照

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

NECのRFIDソリューションに関する情報

本システムに関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 新事業推進本部 RFID事業推進部
Eメール: info-rfid@rfidbsc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.