ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、長岡技術科学大学の統合図書館システムをプライベートクラウドで構築

NEC、長岡技術科学大学の統合図書館システムをプライベートクラウドで構築 ~大学と全国の国立高専55キャンパスによる共同利用が実現~

2011年12月2日
日本電気株式会社

<本件に関する情報>

NEC 大学図書館向けソリューション 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/educate/active/tosho/index.html

NECは、国立大学法人長岡技術科学大学(所在地:新潟県長岡市、学長:新原晧一、以下 長岡技術科学大学)と全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスが共同で利用する統合図書館システムをプライベートクラウドで構築します。長岡技術科学大学は、2012年3月から本システムの運用を開始します。

長岡技術科学大学は、主として高等専門学校卒業生を受け入れ、共同研究や教職員の交流等を積極的に行うなど、全国の高等専門学校との連携強化を推進してきました。その一環として、全高等専門学校の図書館システムの統合を進めており、研究・学習支援のさらなる充実・発展を目指しています。このたびの統合図書館システムにより長岡技術科学大学と全国55キャンパスでは、保有する蔵書を横断的に検索可能となり、各校における図書館サービスの統一的な利便性向上を図ります。

また、クラウドサービスを利用し、小規模図書館では難しい図書館業務の多様化・効率化への対応を実現します。サーバ管理業務を長岡技術科学大学に集約することにより、各高等専門学校では自校のシステム管理が不要となり、コストの削減と大幅な業務の効率化が期待されます。

長岡技術科学大学の、統合図書館システムの概要は次のとおりです。

  1. プライベートクラウドによる統合図書館システムの構築
    • 長岡技術科学大学と全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスの統合図書館システムをプライベートクラウドで構築。各高等専門学校に設置されていたサーバを長岡技術科学大学の6台に集約し、各高等専門学校にはPCとプリンタのみを設置。長岡技術科学大学がサーバ管理やシステム更新時作業などの管理業務を行い、コスト削減と大幅な業務効率化を実現。


    • 検索システムを統一し、長岡技術科学大学と全国55キャンパスの蔵書約4百万件以上を横断的に検索可能。各校の専門分野に合わせて集められた蔵書や電子ジャーナルなどをインターネット経由で気軽に検索でき、各校の図書館サービスを向上。


  2. 充実した図書館業務機能
    • 図書館システムとしては、NECの大学図書館向けソリューション「E-CatsLibrary」(イーキャッツライブラリ)を納入。


    • 職員向けの蔵書点検、資料受入、閲覧機能や、利用者向けの貸出、予約、図書購入申込機能など、図書業務に必要な機能を各高等専門学校へSaaS型で提供。


    • 1つのシステムで高等専門学校単位の蔵書管理・予算管理を実現し、学校ごとの運用を維持しながらも、横断検索というシステム統合のメリットを提供。

NECは、今回のようなプライベートクラウドでの図書館システムの構築に加え、小規模大学図書館向けには、パブリッククラウドサービスとして「Active Campus for SaaS/図書館」(注)を提供しています。NECは今後も、顧客の規模・用途に応じた図書館向けソリューションを展開していきます。

以上

(注) Active Campus for SaaS/図書館

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関する情報

NEC 大学図書館向けソリューション
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/educate/active/tosho/index.html

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 文教・科学ソリューション事業部
Eメール: webmaster@elsd.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.