ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「CONNEXIVE放射線測定ソリューション」を販売開始

NEC、放射線量をスマートフォンなどで見える化する
「CONNEXIVE放射線測定ソリューション」を販売開始

2011年12月21日
日本電気株式会社

NECは、M2M技術を活用し、自治体や学校、病院向けに、センサで測定した大気中の放射線量をパソコンやスマートフォンで閲覧できる仕組みを容易に構築できる「CONNEXIVE放射線測定ソリューション」を、本日から販売開始します。

本ソリューションは、センサや端末などをクラウドサーバにつないで付加価値を実現するM2M技術を利用した「CONNEXIVEクラウドサービスアプリ提供サービス」の新サービスです。

昨今、学校や公園などの公共施設をはじめ、病院や農地など、生活圏の様々な場所で、放射線量の測定ニーズがあります。
また、国においても「被ばく低減のためのモデル放射線モニタリング事業」として、関係府庁や自治体、事業者で、生活圏、特に子供が集まる場所で保護者や教育者がいつでも放射線量を把握できるシステムの整備に向けた具体的な施策が行われています。

本ソリューションは、学校、病院、公園など生活区域の屋内外に設置した放射線センサの測定データを、定期的にクラウドサーバに収集・蓄積することで、パソコン、スマートフォン、携帯電話などの身近な端末からの情報閲覧を実現します。これにより、目に見えない放射線の分布状況を見える化し、安心・安全な暮らしの確保に貢献します。
また、本ソリューションでは、室内用1タイプ、屋外用2タイプの計3タイプの放射線センサを提供します。室内用は、センサをUSB経由でPCに接続して手軽に利用可能です(測定範囲:0~20マイクロシーベルト/時)。屋外用は2タイプともに自立型で、そのうち1タイプは測定範囲が0~99.99マイクロシーベルト/時と高精度、バッテリを装備(満充電時約5日間の稼動可能)し、太陽光パネルで電源の自律供給も可能です。もう1タイプは、屋内タイプと同精度でバッテリや太陽光パネルがなく、手軽に導入できるものです。


NECは今後も、「CONNEXIVEクラウドサービスアプリ提供サービス」を拡充し、環境・エネルギー、産業機械、交通・物流、ウェルネスなどの各種領域に向けたサービスを提供していく予定です。NECは、今回発表した新サービスを含むCONNEXIVE関連事業において、今後3年間に500億円の売上を見込んでいます。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

新製品に関する情報

M2Mソリューション 「CONNEXIVE」 紹介サイト
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/solution/m2m/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第三キャリアサービス事業部
Eメール: contact@m2m.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.