ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > クラウド上における課金サービス提供に関する業務提携について

クラウド上における課金サービス提供に関する業務提携について

2012年1月16日
日本電気株式会社
SAPジャパン株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、以下NEC)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、以下SAPジャパン)は、NECがクラウド上に構築する課金システムをSaaSにより提供するグローバル業務提携を行うことに合意いたしました。

業務提携の趣旨

スマートフォンの普及やクラウドサービスの成長に伴い、サービス事業者にとっての収益基盤となる課金システムの需要が高まっています。NECとSAPジャパンはこの課金システムを、事業者が初期投資を押さえて安価に導入可能で、かつ拡張性を備えたクラウドによるSaaS型で提供し、新興分野の新規ビジネスから既存の大規模ビジネスまで幅広く支援いたします。

業務提携の内容

NECが構築するクラウドの一機能として、SAPが開発した課金システム(SAP® Convergent Charging、注1)を利用したSaaSによる課金サービスを、NECが提供します。SAPの課金システムを利用したクラウドによるSaaSサービス提供は、日本で初めてとなります。
主な顧客は通信事業者・クラウド事業者・デジタルコンテンツを提供するサービス事業者などを想定し、NECが既に提供しているM2Mサービス(注2)CONNEXIVEやスマートフォン向けモバイルクラウド基盤でも本課金サービスを利用します。対象とする市場は日本国内及び海外で、日本に基盤を置くJOC(Japan Originated Company)などのグローバル企業へは複数拠点をカバーするグローバルなサービス提供を行います。またNECがグローバル5拠点(注3)に展開するコンピタンスセンターでの展開や、SAPのグローバル市場をカバーする各リージョン(注4)との共同マーケティングや拡販も実施する予定です。

課金・決済市場の規模は国内で2012年に約3,800億円、2014年には約4,700億円になると予想されています(注5)。このうち今回のサービスが対象とする市場はそれぞれ380億、470億と考えられ、今回の協業によりNECは30%の市場シェア獲得を目標としています。

サービスの開始は2012年4月、サービス利用料は1日あたり20万トランザクションで50万円~を予定しています。

以上

(注1)

SAP Convergent Chargingは、様々な料金設定(例:従量制、定額制、1回限り料金)、ロイヤルティー(使用料)、コミッション(手数料)、スポンサーシップなど、お客様とパートナーのプライシングが複雑に絡み合う料金体系を単一のプライシング設定ツールを使ってモデリングし課金計算を行うアプリケーションです。直感的なグラフィカルユーザーインターフェースで料金を設定し、様々なタイプのサービスに関するプライシングや収益分配の設定を、アイコン操作のコンポーネントを使って、ツリーベースで行うことができます。サービスや支払いのタイプに関係なく、ひとつの料金プラン内で異なるタイプのプライシングを組み合わせたり、ポイント管理や、前払い・後払い・ハイブリッドモデル(前払いと後払いの組合せ)など、どのような支払いタイプも扱うことが可能です。グローバルではすでに幅広い業界で200社以上の導入実績があります。

(注2)

Machine to Machineサービス。さまざまな機器が通信により融合・連携したサービス

(注3)

欧州・アフリカ、中華圏、アジア・パシフィック、北米、中南米の5拠点

(注4)

欧州・中東・アフリカ、アジア・パシフィック・日本、南北中央アメリカ

(注5)

ABeam Consulting調べ(2011年)

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第三キャリアサービス事業部
Eメール: info@smc.jp.nec.com

SAPジャパン株式会社
TEL: 03-3273-3500

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.