ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、「ビッグデータ」関連事業を強化

NEC、「ビッグデータ」関連事業を強化 ~製品/サービスの強化、全社横断プロジェクトの立ち上げ、および専門要員の強化育成~

2012年2月13日
日本電気株式会社

<「NECが考えるビッグデータ活用について」>

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/solution/bigdata/

NECは、「ビッグデータ(データ爆発)」領域のさらなる事業創出に向けて、製品/サービスの強化、全社横断の戦略プロジェクトの立ち上げ、および専門要員の強化・育成を図ります。

現在、爆発的に増え続ける「ビッグデータ」を分析し、企業経営などに活用する動きが加速しています。NECは、当社の強みである大量データを収集/処理/分析する様々な先進技術を結集し、新たな価値を創造する製品・サービスを今後、積極的に投入します。第一弾として、データの急増に応じた柔軟な拡張性と高い信頼性を合わせ持つデータベースソフトウェア新製品「InfoFrame Relational Store(インフォフレーム・リレーショナル・ストア)」を本日より販売開始します。

また、全社横断の「ビッグデータ戦略プロジェクト」を立ち上げ、技術開発や顧客との実証実験、マーケティング・プロモーションなどを推進します。さらに、顧客の業務に精通し、分析スキルに長けた専門要員を強化/育成し、今後3年間で200名体制にする計画です。

主な内容は以下のとおりです。

(1)製品/サービスの強化

  • ビッグデータの利活用に最適なデータベースソフトウェア「InfoFrame Relational Store」を新たに製品化。従来のデータベースは、将来の需要増加を見越して大規模なシステム設計が必要であったが、当製品はデータの増加に応じてサーバを追加するだけで対応可能なため、初期導入コストを従来比、約50%削減可能(注1)販売開始時期は、本年4月、希望小売価格は510万円(税別)からを予定。
  • 今後、M2Mサービス基盤「CONNEXIVE(コネクシブ)」をベースに情報活用ソフト「InfoFrame」や世界No.1(注2)の精度を誇る顔認証技術や指紋認証、画像解析、情報マイニングなどの技術などを組み合わせ、さまざまな業種向けにビッグデータ利活用に最適な製品サービスやソリューションを提供していく。ターゲット領域としては、通信、エネルギー、交通、流通、農業、パブリックセーフティーなどを想定している。

(2)全社横断戦略プロジェクトの立ち上げ

  • 2月にR&D部門および関連するビジネスユニットから選出されたメンバー計50名で構成される「ビッグデータ戦略プロジェクト」を立ち上げ。当プロジェクトを核にして、今後、全社横断でHadoopやM2Mをはじめとする先進技術の開発強化や顧客との実証実験への参画、マーケティング・プロモーションなどを推進する。当活動を通じて、ノウハウ/実績を蓄積し、水平展開することでビッグデータ関連の事業拡大を図る。

(3)専門要員の強化/育成

  • 顧客業務に精通し、ICTの視点から顧客の情報システム部門だけでなく実際に事業に携わっている部門に対して解決策を提案できるドメインエキスパートとデータの分析スキル/ツール活用に長けた分析エキスパートを社内育成やパートナー活用などを通じ、今後3年間で合わせて200名に拡大する。

NECは、これまで業種・分野の枠を超えて爆発的に増える情報を連携させることにより新たな価値の創出に取り組んできました。金融や通信事業者の高速/高信頼システムや各種センサーを使った農業支援など、多くのビッグデータ関連の実績を有しています。

NECは、これまで蓄積した経験やノウハウをベースに今回発表した強化施策を着実に実行し、お客様の新たな価値の創出に貢献してまいります。

以上

(注1)

NECによる試算。

(注2)

2012年2月現在。米国国立標準技術研究所(NIST)による評価。

当プレスリリースに記載されている製品名は、当社の商標または登録商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

「NECが考えるビッグデータ活用について」

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC プラットフォームマーケティング戦略本部
Eメール: bd_contact@pfbu.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.