ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECが広島市教育委員会の教育情報クラウドを構築

NECが広島市教育委員会の教育情報クラウドを構築 ~ 政令指定都市で初めて、校務支援も含めたクラウドサービスを適用 ~

2012年3月5日
日本電気株式会社

<本件に関する情報>

NEC 小中高ソリューション 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/educate/kids.html

NECは、広島市の教職員約7000人が利用する教育情報クラウドサービス基盤を構築しました。広島市教育委員会は、このほど本サービスの利用を開始しました。

政府の学校ICT環境整備事業(2009年度)を受け、教職員への一人一台の端末整備が広まる中、広島市教育委員会においても2009年度に1,300台の端末を導入し、現在6,000台の教育委員用端末を保有しています。これにより、従来、紙で記録・管理していた文書の電子化が進みましたが、個別のデータ管理などが教職員の負担となっており、また、高いセキュリティレベルで情報を一元管理する必要性の観点から、クラウドサービスの利用が検討されていました。

NECは、各学校に設置されていた206台の管理系サーバを廃止し、グループウェアや校務支援サービスをデータセンターからネットワークを通じて利用できる、広島市教育委員会のプライベートクラウドを構築しました。また、運用・管理については新たに専用のサービスデスクを設け、学校現場での負担を軽減し、さらに二要素認証基盤(注1)などの高度なセキュリティ環境を用意し、校務の情報化に対して安心・安全な運用を実現しています。

広島市教育委員会は、このクラウドサービスの利用により運用コスト(TCO)の削減を実現します。また、校務の情報化により教職員が児童・生徒と接する時間をより多く確保できることが期待されます。

広島市教育委員会による校務支援サービスも含めた包括的なプライベートクラウドサービスの利用は、政令指定都市で初めての事例となります。

広島市教育委員会の教育情報クラウドサービスの概要は次のとおりです。

  1. 校務支援サービスも含めた包括的なサービス契約
    • グループウェアだけでなく、児童・生徒情報管理、成績管理、文書管理などの校務支援サービスや、学校の情報発信を促進するブログ型CMS(コンテンツマネジメントシステム)、また、USBメモリなどでデータの持ち出しをしなくても校外のパソコンからアクセスできる環境をプライベートクラウドサービスで提供。


    • ISO20000(注2)に準拠したサービスデスクを配置し、学校現場および教育委員会のICT管理負担を削減。


    • 教職員7000人が利用する大規模なネットワークを短期間で構築。

  2. コストの削減等を実現
    • 学校で管理していた206台の管理系サーバを廃止し、データセンターのファイルストレージに集約することによる省力化。


    • アウトソーシングによりシステムの運用を行うことで運用コスト(TCO)の削減を実現。

  3. セキュアな環境による校務の情報化
    • 校務支援サービスで利用する児童・生徒および教職員の情報をシステム上で管理し、統合認証基盤サービスとの連携により機密性・完全性・可用性を確保。


    • サービスの利用には、ActiveDirectory(注3)とUSBキーの二要素認証を組み合わせた統合認証基盤サービスを用意。また、アクセスの暗号化により、強固なアクセス権限管理を実現。

全国の教育委員会における校務の情報化、またクラウドサービス利用への関心は高まっており、NECは今回の実績をもとに、教育現場のICT活用に貢献していきます。

以上

(注1) 二要素認証基盤

利用者に固有な二つの要素による認証を組み合わせてセキュリティを向上させた認証基盤。IDとパスワードによる認証だけでなく、物理デバイスによる認証を組み合わせるなど。

(注2) ISO20000

ITILを基に、効率的・効果的なシステム運用を実施するための枠組みや運用状況の評価基準を規定したITサービスマネジメントの国際規格
※ITIL(Information Technology Infrastructure Library):
英国商務局(OGC : Office of Government Commerce)がITサービスマネジメントのベストプラクティス(最も効果的で効率の良い方法・成功事例)を集めたフレームワーク

(注3) ActiveDirectory

Microsoft社が提供する、ネットワーク上のリソースを一元管理するWindowsプラットフォームの中核サービス

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関する情報

NEC 小中高ソリューション
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/educate/kids.html

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 文教・科学ソリューション事業部
Eメール: webmaster@elsd.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.